お知らせ

HOME > お知らせ > 【情報提供】100万円以上の改修工事のアスベスト届け出義務化について

賛助会員・関係団体からのお知らせ

【情報提供】100万円以上の改修工事のアスベスト届け出義務化について

2020.05.18(月)賛助会員・関係団体

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会より
100万円以上の改修工事のアスベスト届け出義務化について」情報提供が
ありましたので、お知らせします。

◇◇◇100万円以上の改修工事のアスベスト届け出義務化について◇◇◇

100万円以上の改修工事について、アスベスト調査報告を
労基署に届け出る事が義務化される件につきまして、
改正概要が公表されておりますので、お知らせいたします。

【改正概要のポイント】
●令和4年4月1日以降は、100万円以上の改修工事の簡易届出が義務化
(ただし事前調査は講習修了者でなくてもOK)

●令和5年10月1日以降は 例話以降義務化されている簡易届出の届出事項である事前調査は
「一戸建て等石綿含有建材調査者」(講習修了者)が行わなければならなくなる

●「一戸建て等石綿含有建材調査者」という資格が新設され、一戸建てとマンションの専有
部分の改修工事については、簡易的な講習を受ければ資格者となれる。

また、5月29日(金)まで意見の公募(パブコメ)がされております。

リ推協といたしましても、これまで多数ご意見いただいております
飛散リスクがない工事を簡易届出の対象外とすべきではないか、
という「届け出対象外工事」の要望をまとめ、提出を予定しております。

ご意見・お問い合わせがありましたら、下記までお願いします。

問い合わせ先
(一社)住宅リフォーム推進協議会
リ推協ホームページ
TEL 03-3556-5430
FAX 03-3261-7730

お知らせ一覧に戻る

一般の方向けコンテンツ
  • 福岡県建築案内
  • 耐震調査・診断のご相談
  • ヘリテージマネージャー 登録者名簿
  • 福岡県ブロック塀等安全対策推進協議会
  • 賛助会情報(ご入会手続き)
建築士会入会のご案内 会員作品展 会員作品展 情報誌MESSE 情報誌MESSEバックナンバー 既存住宅状況調査技術者講習 (公社)福岡県建築士会 本部・地域会行事予定 建築士試験日程
建築士・学生の方向けコンテンツ
  • ご入会手続きのご案内
  • 建築士CPD情報
  • 講習会・講演会情報
  • 福岡県建築登録センター