(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和3年10月1日発行 第184号 通巻第400号

作品名 里山ながや・星野川
設計者 塚本由晴/貝島桃代/玉井洋一
勤務先 有限会社アトリエ・ワン
施工者 友建設
第32回 福岡県美しいまちづくり建築賞
優秀賞 住宅の部
10
案内

会員作品展2021秋・冬

会員作品展2021秋・冬号に2点のご応募がありました。
詳細は、士会ホームページから会員作品展をご覧ください。

広報委員会副委員長 大嶌 栄三
報告

第30回全国女性建築士連絡協議会(福岡大会)開催報告

昨年の7月に予定されていたものの、コロナ禍の影響を受け1年延期となっていた全国女性建築士連絡協議会(通称:全建女)福岡大会が、9/25(土)アクロス福岡にて開催されました。全建女は、東京大会と地方大会を一年ごとに交互に行っており、二年に一度の地方大会、しかも九州で開催されるのはH13年熊本大会以来20年ぶりでした。
しかし、昨年の開催は叶わず、今年も緊急事態宣言下での開催となりました。そのため会場参加者は県内に限定、すべてのプログラムをオンラインで配信することとなり、地方大会恒例のエキスカーションや交流会は中止となりました。全国から福岡にご来場される参加者との交流を楽しみに、2019年夏から本格的な準備をしていただけに非常に残念に思います。
例年の大会は2日間に渡り開催されますが、今回は1日に2日分のプログラムを詰め込み、朝10時から夕方16時35分まで一日がかりの長時間のプログラムとなりました。午前中は4つの分科会を同時並行で開催し、午後からは式典、基調講演、全体会を行いました。午前も午後も、事前録画での報告と、ライブでの意見交換、講演等を併用し、視聴者を飽きさせない工夫を行いました。その結果、技術的に非常に難易度の高い配信となりました。
日本建築士会連合会女性委員の方々、式典、全体会、分科会登壇者の方々、映像配信会社の方々、そして、福岡県の実行委員会メンバーが一丸となって、猛勉強と猛練習を繰り返し、課題をひとつひとつ解決し本番当日を迎えました。不安と背中合わせの中での配信でしたが、なんとか最後まで配信を行うことができ、ホッとしています。現地での交流は叶いませんでしたが、本番までのZOOM、メール、LINE等を通した関係者間のやり取りの量はそれはそれは膨大で、例年の大会よりも密な交流が生まれていたようにも思いました。
大会終了直後の今、振り返ってみて、これまでに準備した内容は広く深く、分科会、全体会、講演会の内容も充実していて、関係者の連携も素晴らしく、一人一人が自分の役割を全うしたと思います。実行委員会の1メンバーとして、とても誇らしい思いです。
なにせ一日がかりのプログラムでした。ここでは語りつくせない内容が盛りだくさんなので、それぞれの詳細を来月以降、担当から報告していきます。

式典 近角連合会会長のあいさつの様子(事前録画)

式典 鮎川会長のあいさつの様子(ライブ)

杉岡世邦氏による基調講演の様子(ライブ)

分科会の様子(ライブでの意見交換)

実行委員会メンバー

青年女性委員会 女性部会長 近藤富美
挨拶

「建築と法律」(70)

 毎月皆様に届けられている会報「建築士」の2021年9月号の特集「四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約約款の利用と契約」は,是非とも熟読していただき,保管していただきたいと思います。
 いずれの投稿もすばらしいですが,大森文彦教授は契約について本質からわかりやすく説明し,早川文雄氏は約款の趣旨を建築士の経験しそうな事例を用いて説明しています。私も,講演や書面作成に大いに参考にするつもりです。

【会員のための無料法律相談のご案内】
 しばらく福岡市内での無料相談は中止します。電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)
(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司
報告

まぼろしの建築士の集い・集いでのパネル展示報告

8月21日(土)に開催予定だった「令和3年度九州ブロック研究集会 建築士の集い 大分大会」がコロナウィルス感染拡大の影響を受け中止を余儀なくされました。
これまで多くの時間をかけ準備されてきた大分県建築士会の皆さんが苦しい思いで中止の判断をされ、でも準備してきたことを何か発信する手立てはないかと模索され、開催に合わせて会場に展示する予定だった各県の地域実践活動発表パネルと災害対応の様子を市民の方々にアピールする為の防災パネルの展示を8月12日~8月21日まで開催予定だった実際の会場J:COMホルトホール大分にて行われました。
展示ブースは福岡県でも九州北部豪雨の際に設置活動を行った紙管間仕切りで製作されていました。

福岡県では地域実践活動発表の本番に向けて福岡県代表の福岡地域会 中野秀孝氏が資料作成や発表のリハーサルを行われてきましたが中止となり残念でなりません。
今後どのような形で発表や投票が行われるか現段階未定ですが、中野秀孝氏の活動内容を少しでも多くの会員様に知っていただけたらと思います。
中野秀孝氏は2014年に発足した「春日ベース・ハウスの会」にて春日市に残存している米軍ハウスの研究、周知、歴史遺産として保存する活動を行われています。
米軍ハウスは1950~60年代米軍の将兵向け住宅として建設され、木造平屋建て。
米軍ハウスを見学する「まちあるき」イベントも開催されています。
当時の生活の様子が思い起こされる写真等の保存活動も行われておりHPにて紹介されています。
下記URLよりぜひご覧いただけたらと思います。
春日ベース・ハウスホームページ http://www.basehouse.jp/

展示の様子

防災活動展示パネル

地域実践活動発表展示パネル
春日ベース・ハウスの会活動報告

福岡県より提供した防災パネルは「防災どんたく」「防災訓練」「九州北部豪雨災害避難所紙管間仕切り設置活動」等の活動写真と内容を記しました。
各地で起こる自然災害への備えのアピールを大分県の市民の方々へ出来たのではないかと思います。
コロナウィルス感染症は発生率の増加と減少を繰り返しまだまだ影響が大きいですが、今だからこそ出来ることを発信していけたらと思います。
青年・女性委員会
副委員長 濱﨑 宣子
お知らせ

令和3年度 福岡・まちづくり活動支援センター
(地域貢献活動助成金)~学生2団体助成~

福岡・まちづくり活動支援センターによる地域貢献活動助成は、地域住民と共に実践するまちづくり活動を支援し、地域環境及び建築文化の向上に貢献することを目的に、平成14年に福岡県建築士会内に設立され、これまで19年間にわたって多くの団体活動を支援してきました。
平成26年度からは将来の建築士会会員予備軍である建築系の学生団体のみを対象とし、活動助成を行っています。
今年度は、継続団体はなく、新規の2団体を採択しました。例年、開催していた「授与式」は、残念ながら8月20日に発出された「緊急事態宣言」により中止とさせていただきました。
各団体の活動及び研究テーマをお知らせいたします。活動内容について、その成果が期待されるところであり、来年の1月又は2月には中間報告を行いたいと思っております。

まちづくり委員会
まちなか・地域貢献部会長 山田 龍雄
報告

9/4 HMスキルアップ講習会 現地演習~宗像神社~

 9月4日に本年度ヘリテージマネージャースキルアップ講習4回目が宗像大社にて行われました。
 まず、2017年の天皇皇后(現上皇上皇后)両陛下の行幸啓に合わせて建設された勅使館にて、重要文化財建造物で行われている防災防犯計画の考え方についての講義を受けました。
 次に、3名のチームに分かれて重要文化財である本殿及び拝殿を対象とした防災防犯設備の探索と図示を行うとともに、それぞれの設備についての解説をしていただきました。
 その後勅使館に戻り、配布いただいた回答との照合を行うとともに、整備計画についての説明をしていただきました。
 座学と実習をバランスよく行えたことで、受講生もより理解を深めることができたと思われます。
 首里城正殿の火災は記憶に新しいところですが、過去を振り返ってみても法隆寺金堂や金閣寺舎利殿、福岡県内でも三柱神社拝殿・廻廊や福岡城下之橋御門などの歴史的に貴重な建造物や文化財がたびたび焼失しており、文化財を守り後世に伝えていく上で防災防犯計画の重要性が増していることを改めて認識することのできた講習でした。
 最後に、この講習の講師を引き受けていただいた福岡県文化財課の田上課長補佐、株式会社近代文化設備設計の甲斐社長、ライズ設備設計の梶原代表に厚く御礼申し上げます。

勅使館での講義

境内での屋外演習

ポンプ室の見学(1)

ポンプ室の見学(2)

まちづくり委員会 HM部会 伊東 雄一郎
案内

グリッピ開催案内 及び スタッフ募集

福岡市花と緑の一人一花サミット 
『グリッピキャンペーン2021』への参加案内です
日程 10月30日(土)31日(日)10:00~16:00  
場所 福岡市植物園

活動内容は「小さな家の棟上」と「工事体験ワークショップ」です
1.5間×1.5間程度の木造軸組みの組み立て実演を予定
工事体験ワークショップでは外壁板の塗装や張りつけ作業を計画しています

体験を通して子供たちが建築へ興味を持ち、未来の建築士へとつながってくれることを願います

写真は2019年の活動の様子です

木材を加工しながら建て方作業

棟上完了

子供たちと外壁板の色塗り

塗装した板の張りつけワークショップ

小さな家の完成

たくさんの子供たちが遊びにきてくれました

やっとコロナが少し落ち着いてきました
密にならないよう配慮しながら、気持ちの良いこの季節に野外での活動企画です

楽しいイベントとなるよう準備や当日一緒に活動いただける人を募集しています。
興味がある方は「グリッピ参加希望」と事務局までご連絡ください。
多くの皆様の参加協力ならびにご来場をお待ちしております。
青年・女性委員会 副委員長 馬渕淳司
案内

10/28建築関連法規の改正等講習会

毎年開催している「建築関連法規の改正等」の講習会を今年も開催いたします。
今回は、住宅都市局の各課や消防局予防部からの内容に加えて農林水産局からの木材利用に関する内容や都市景観室と道路下水道局からの屋外広告物に関する内容も講習に加わります。
コロナ禍に於いて安心して開催出来る様に、マスクの着用厳守及び検温や手指消毒等行い、密を避けた対応を行います。

<主催:(公社)福岡県建築士会 福岡地域会・(一社)福岡県建築士事務所協会 福岡地域会>
<共催:(一財)福岡県建築住宅センター>

◆講習内容
 ●福岡市の森林と木材利用の意義について       ●建築基準法について(単体規定)
 ●建築基準法について(集団規定)          ●がけ条例について
 ●土砂災害対策事業等補助金制度について       ●屋外広告物許可制度について
 ●道路上にはみ出している看板に必要な許可について  ●消防行政動向

◆開催日時
 2021年10月28日(木) 13:30~ 予定
◆会場
 福岡県自治会館 2階会議室
 (福岡市博多区千代4-1-27 地下鉄「千代県庁口」下車 5番出口すぐ)
◆定員
 100名
◆受講料
 会員:3,000円(建築士会・事務所協会 各会員)/会員外:6,000円
◆申込先
 公益社団法人福岡県建築士会 福岡地域会
 〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6F
 TEL:092-441-1867/FAX:092-481-2355

★お申込みは こちら から!
 【申込締切】2021年10月20日(水)

皆様のご参加をお待ちしております。

昨年の講習会開催の様子

福岡地域会地域事業委員会 委員長 樋口はる香
報告

9/4 第5回多世代住居による空き家対策
&コミュニティ再生事業ミーティング

 9月4日に第5回多世代住居による空き家対策&コミュニテイ再生事業ミーティングをリアルとリモートの同時開催で参加者11名にて行いました。
 空き家や独居高齢者対策は急務となってきております。私達はこのコロナ禍の中で新たな地域コミュニティの構築や建築資源の有効活用のあり方を「多世代居住」という切り口で、建築士としての立ち位置や専門性を生かしつつ、地域連携による実践を通じて、地に足のついた空き家対策とコミュニティ再生のあるべき姿を明らかにしていく事業を立ち上げました。
 活動エリアは現在選定中ではありますが、候補として香椎下原エリア等をターゲットとし、地域住民・大学・関連機関・NPO団体等との連携を図りつつ、独居高齢者と学生達とのホームシェアの展開を目的として、地域住民・高齢者や学生達との交流イベントを通じたニーズの引き出し、マッチング連携の受け皿づくりを行います。
 この事業を展開していくために現在15名のメンバーに参加頂いております。まだまだメンバーの募集も行っておりますので、多少なりとも興味がある方は是非、お気軽に参加いただければと思います。

福岡地域会 空きコミ委員会 副委員長 吉本 高広
報告

【書道倶楽部】色紙(しきし)作品つくり(後半掲載)

 先月、色紙4作品を掲載させていただきました。
 書体を変えると、ずいぶん作品の雰囲気も変わってきます。言葉に対する、書いた人の思いも伝わったのではないでしょうか。「選文」も、作品を仕上げるうえでとても大切です。
 さて、後半4作品です。筆は、文字を太くも細くも、にじみもカスレも出せる筆記具です。字を書くことが少なくなってきましたが、筆を持つ時間も楽しいものです。
 書道をやってみたい方は、ご連絡ください。

建築士会書道倶楽部主宰 渡邉佳代(連絡先.092-531-5099)
案内

【福岡地域会賛助会】エスケー化研『Web色彩セミナー』
開催のご案内(CPD1単位)

『Web色彩セミナー NEW PRODUCTS 2021』 開催のご案内です。

環境色彩・最新の仕上材情報をご紹介させて頂く「色彩セミナー」を開催いたします!
新型コロナウイルス感染症の影響拡大対策実施に伴いまして、Zoomウェビナーでの開催形式です。
昨今の景観条例等の内容を踏まえ、色彩に関する内容を主題として、建築色彩の変遷・色彩選定のポイントや最新のトレンド情報などを紹介させて頂きます。
[CPD認定プログラム:1単位]

ご多用中かと思いますが、皆様の建築計画の一助となればと存じますので、万障お繰り合わせのうえ、ご出席賜りますようご案内申し上げます。

《参加費》 無料
《定 員》 各枠100名(先着)
《概 要》
第1部:環境色彩について(1時間)
第2部:製品紹介(30分)

(ご都合の良い日程をお選び下さい。)
①日時:2021年10月13日(木)10:00~11:30
②日時:2021年10月13日(木)15:00~16:30
③日時:2021年10月14日(木)10:00~11:30
④日時:2021年10月14日(木)15:00~16:30
⑤日時:2021年10月15日(木)10:00~11:30
⑥日時:2021年10月15日(木)15:00~16:30

ご参加希望の方は御手数ですが、下記リンクよりご案内申込用紙をダウンロードしていただき、所定の項目にご記入の上、メール又はFAXでお申込みください。

◎webセミナーご案内申込書は こちら

《締 切》2021年10月 1日(金)
※締切日を過ぎておりますが、各開催コマの受け入れ状況によってご参加いただける場合もございますので、是非お問い合わせください。
《申込先》エスケー化研(株)福岡支店
メール:fujimoto@sk-kaken.jp   ファックス:092-622-7211

★お申込みいただいた方へ、IDおよびパスコードを送信させて頂きます。

《お問合せ》
エスケー化研(株)福岡支店 【担当】藤本
TEL:092-629-3427 FAX:092-622-7211
〔福岡地域会賛助会〕エスケー化研株式会社
佐々木・藤本
挨拶

(18)福岡市建築局の運動会

  最初で最後の、福岡市建築局の運動会②
 お楽しみ番組、どんな内容だったでしょうか?
③満員電車競技(団体戦)
④ミイラ作り競技(団体戦)
(前回の答=①早飲み競走=事前に知らさずにビールの小瓶をよく振ってコースの途中に置き、(勿論、栓抜きも)飲み干して早くゴールする。泡が噴き出し観客も吹きだす。顔中泡だらけになったり、勝負を度外視してゆっくり味わったリ。
②自転車競走=職員の家庭から借り集めた子供用の三輪車に乗り、50mを早くゴールする。ペダルがなかなかうまくこげない。選手も応援も必死。)  (続く)
福岡地域会 柘植 成光

貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

[用 紙 等]
 400字程度。ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
[応募規定]
 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
[宛  先]
 福岡県建築士会事務局
 E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
 FAX : 092-481-2355
案内

事務局だより

福岡県農林水産部林業振興課 木材流通係より募集のお知らせです。
詳細内容につきましては、下記県ホームページをご覧ください!

~~第8回福岡県木造・木質化建築賞について~~

〇県ホームページのURL
 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/mokuzou8.html
〇募集期間
 令和3年8月2日(月)~10月29日(金)
〇選考の対象
 福岡県内に現存し、現在使用されている建築物(住宅を含む)
 ※平成23年8月2日~令和3年8月1日までに竣工したもの
  (増改築・修繕等を含む)
〇応募方法
 ・建築主(所有者)、設計者、施工者による自薦
 ・県HPに掲載している応募用紙に必要事項を記入のうえ、郵送で応募ください
〇選考の視点(特に重視する点)
 ・国産材を創意工夫により活用し、林業振興に寄与しているもの
 ・木材の特徴や良さを活かし、建築物の木造・木質化に波及効果があるもの
事務局
案内

連合会だより

「日本建築士会連合会 HP」トップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!(2021/9/30現在)

事務局
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

大濠公園のシンボル観月橋

約半年間改修工事の為足場シートで覆われていた観月橋が、
改修工事も終わり真っ白な姿を現していました。

株式会社太陽設計
新居 隆晴
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

シリーズ「建物の遺影」

建物の遺影・博多の遊郭(2009年撮影)
博多に残る遊郭建築のひとつです。この建物は歴史的、建築的に評価された建物ではありませんでしたが、マニアの間では有名な建物でした。博多港に近いこのエリアは終戦後、多くの引揚者が帰国、周辺にはドヤ街や色町が形成されました。しかし、昭和33年、売春防止法が施行されると、街の姿も変り、建物は旅館、料亭、住宅などに用途を変えながら生き残りました。この建物は昭和20年代のカフェー建築の雰囲気をよく残した建物でしたが、2015年頃ひっそりと解体されました。

6月号から「建物の遺影」をシリーズで皆さまにご紹介しています。
写真倶楽部「建物の遺影」 福岡地域会 江﨑 有



挨拶

シネマサロン

「お弁当」を題材とした映画を3本紹介します。

1本目は『今日も嫌がらせ弁当』(2019年)。舞台は八丈島。シングルマザー(篠原涼子)の主人公が、何を聞いても返事すらしない反抗期の娘(芳根京子)への逆襲にと、高校3年間 娘の嫌がるキャラ弁を毎日持たせます。手間暇かけて作るキャラ弁と「ウザイ」と言いながらも毎日完食してくる娘との戦い・交流が見どころです。

2本目は『461個のおべんとう』(2020年)。こちらはミュージシャンのシングルファザー(井ノ原快彦)と息子(道枝俊祐)の話。父親は息子に高校3年間毎日お弁当を作ること、それに対し息子は3年間休まず学校へ行くことを約束します。井ノ原快彦は最近司会などで活躍していますが、ギターボーカルのシーンを見て、そういえばV6のメンバーだったなあとあらためて思いました。
この2本はいずれも毎日のお弁当の写真をブログやSNSでアップロードして話題となり、本にもなった実話に基づく話です。

3本目は『めぐり逢わせのお弁当』(2013年)。インドのムンバイには「ダッバーワーラー」と呼ばれる配達人が、それぞれの家庭で作ったお弁当を集めて職場に届けるシステムがあります。この映画は、そのダッパーワーラーの手違いによって間違って届いたお弁当がもたらした 男女の出会いと心のふれあいを描いたものです。毎日20万個のお弁当がほぼ間違いなく配達される 珍しいシステムも興味深い映画でした。

福岡地域会 廣田栄作