(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成30年7月5日発行 第145号 通巻第361号

会長就任のご挨拶

 このたび石本前会長の後をうけ、(公社)福岡県建築士会会長を拝命いたしました。かれこれ40年あまり建築業界に身を置いて参りましたが、この職責にあたるに際して改めて「建築士」という資格・資格所持者について思いを巡らせました。
 業務独占を認められている資格であり、「建築士会の綱領」に掲げられている高い社会的使命を帯びています。一方近年頻発する災害時には、要請を受けて被害状況の調査や避難環境の改善などへ対応を求められる事態もあります。その様な、社会に対する役割・使命を意識した活動に努めるとともに、社会との関係を身近なものとするために情報受発信も大切だと思います。
 日常・平時の活動の積み重ねが非日常・非常時の対応を支えるという意識を持ちながら、会員相互の意見交換等交流にも努めたいと思います。微力ではありますが、先輩諸氏をはじめ会員皆様のご指導ご協力をいただきこの任を努める所存です。どうぞ宜しくお願いします。

会長 鮎川 透

前会長 退任挨拶

 私は、平成26年6月より2期4年間会長を務めさせていただきましたが、平成30年度(公社)福岡県建築士会定時総会を持ちまして会長を退任いたしました。私が、会長職を無事努める事ができましたのも会員の皆様方、官公庁の皆様方並びに関係団体の皆様方の御支援、御協力の賜物と心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
 特に、平成28年4月に発生いたしました熊本地震、平成29年7月に発生しました九州北部豪雨に対する被災地への支援活動や平成27年11月に開催されました(公社)日本建築士会連合会主催の第18回「日・韓・中建築士協議会」福岡大会、平成29年6月に開催されました(公社)日本建築士会九州ブロック会主催の九州ブロック「建築士の集い」福岡大会in久留米の開催に関しましては、皆様方の多大なる御支援、御協力を戴き心よりお礼申し上げます。
 会長を退任いたしますが、顧問として少しでも本会のお役にたてればと思っています。今後ともよろしくお願い致します。
 結びになりますが、鮎川新会長の下、本会の更なる発展と会員の皆様方のご活躍、ご健勝を心より祈念申し上げますと共に私を支えていただきました役員の皆様、事務局の皆様に心よりお礼申し上げます。
 皆様方に、感謝、感謝、そしてまた感謝あるのみです。本当にありがとうございました。

石本 元彦

平成30年度 定時総会 報告

平成30年6月8日(金)福岡市中央区のタカクラホテル福岡にて平成30年度定時総会が開催されました。
記念事業として6月23日(土)に「建築士の集い熊本大会」において地域実践活動報告福岡県代表者として発表された樋口はる香氏(福岡地域会)による『集いから繋がる地域実践活動 ~ SPIN OFF TSUDOI』を発表して頂きました。
記念事業 みんなの"輪"
総会では、柴田副会長の開会宣言、石本会長の挨拶の後、議決権の有効性の報告あり、議長には久留米地域会梅原会員が選出され、議事録署名人を指名後、議事に入りました。
石本前会長挨拶 梅原議長

報告事項1 平成29年度事業報告の件
第1号議案 平成29年年度賃貸借対照表  及び損益計算書(正味財産増減計算書)の件
第2号議案 名誉会員の件
第3号議案 役員改選の件
議案は承認されました。
役員改選では、鮎川新会長が就任され、上村常務より鮎川会長による平成30・31年度新役員新役員紹介が発表されました。
その後、報告事項2 平成30年度事業計画書及び収支予算書の件、委員会編成の件、会員表彰の件の報告がありました。
平成26年より2期4年会長をお務め頂いた石本前会長より退任のご挨拶を頂きました。
懇親会は、福岡地域会と合同で開催され、他関連諸団体からも多くの来賓を迎え鮎川会長と共に福岡県建築士会の今後の盛会を期して親しく懇談しながらお互いの健勝と活躍を誓って閉会しました。
来賓の挨拶 福岡県大藪建築指導課長 来賓の挨拶 福岡市西村建築指導課長
ご歓談中 閉 会

総務・財務委員長 髙村 龍実

ブロック塀所有者等への注意喚起を!

6月18日大阪北部地震により、ブロック塀の倒壊被害を受け、国、県、市から当建築士会にも既設の塀について安全点検するよう注意喚起の協力要請がきています。
メッセメールマガジンを通じてのお願いです。士会会員に身近な周辺や仕事関係等に危険なブロック塀等があればまずは、所有者等に注意喚起をお願いします。
そのため、参考までに、士会員の皆様にブロック塀チェックポイントを福岡県建築都市部建築指導課発行の「お宅のブロック塀について詳しくなろう! ブロック塀は大丈夫?」、「ブロック塀を詳しく知ろう」のパンフレットを参考に再確認をしていただき、相談等があれば簡単な目視による安全点検をして、所有者に注意喚起をしましょう。
(チェックポイントは、福岡県のホームページを開き、新着情報のトピックスの中のブロック塀のチェックポイントをクリックしてください。)
■ブロック塀を詳しく知ろう!(ブロック塀の診断カルテ)

副会長 大嶌栄三

第61回建築士会全国大会「埼玉大会」

福岡県士会では、全国大会参加希望者を募ります!
大会詳細内容は建築士5月号掲載の「埼玉大会」の案内、連合会ホームページをご覧いただき、大会エクスカーションをご希望の方は各自お申込みください。
また、本会ツアーにつきましては、下記日程を予定しておりますが、詳細につきましては、参加希望の方に改めてご案内いたします。
福岡版ツアー申込書はこちらをご覧ください!
■参加される正会員の皆様の大会登録費(5,000円)は県士会が負担いたします。
連合会HP

★10/26(金)日程表(予定)
★10/27(土)日程表(予定)
ツアー料金は、飛行機往復、大交流会参加料(8,000円)、宿泊代を含め55,000円前後を予定しております。
ルートイングランティア羽生HP

会員委員長 内野英雄

(公社)日本建築士会連合会 平成30年度通常総会

平成30年度通常総会が平成30年6月20日(水)建築会館で開催された。議事としては、第1号議案 平成29年度事業報告及び平成29年度決算承認の件、第2号議案 平成30年度事業計画及び平成30年度予算報告の件、第3号議案 任期満了による役員改選の件があり、全て満場一致にて承認された。役員改選では、三井所会長が再任され、石本前会長が監事に就任された。
 なお、平成30年度事業計画は、一級建築士の登録・閲覧事務を担う「中央指定登録機関」として、47建築士会協力の下、その遂行に引き続き万全を期すと共に、建築士の資質の維持・向上及び業務環境の改善を図り、以って公益法人として広く国民の福祉増進と自律的監督体制強化に一層寄与することを基本施策に掲げ、下記の「重点施策」のもと諸事業を実施することとなった。
「重点施策」
1. 一級建築士登録・閲覧事業の円滑な運用
2. 建築士の資質の維持・向上
3. 建築士の業務環境の改善及び改正建築士法の周知
4. 地域に根差したまちづくり等専門活動の推進(自治体との連携強化)
5. 会員増強の推進
6. 継続能力開発(CPD)制度及び専攻建築士制度の社会的活用の推進
7. 国際化への対応
8. 広報・情報活動の積極的展開

会長 鮎川 透

(公社)日本建築士会連合会 九州ブロック会平成30年度総会 

 6月22日金曜日に宮崎市の宮崎観光ホテルで九州ブロック会の総会が行われました。
出席者は連合会より成藤専務理事、石本九州ブロック会会長、鮎川新会長はじめ各県会長他1名ずつと開催県宮崎より5名の合計24名でした。司会進行は末永事務局長により行われました。30、31年度ブロック会長は宮崎県士会松竹会長、事務局も宮崎県士会に引き継がれた。
〇議  事
1.前回会長会議議事録の報告(H30.3.2 長崎市)
2.平成29年度事業報告、決算報告及び監査報告
3.平成30年度事業計画(案)及び収支予算(案)について
4.九州ブロック会新役員について
5.連合会委員会委員に推薦について
6.各県士会提出議案に対する質疑応答
7.青年・女性建築士協議会活動について
8.次回会長会議等日程について
議事はすべて承認されました。議事終了後に連合会の成藤専務理事より「建築士資格制度の改善に関する共同提案について」、「設計・工事監理等に係る業務報酬基準(告示15号)改正について」や国交省関係等について報告や連絡がありました。総会終了後には懇親会も開催されました。

専務理事 有澤 廣己

平成30年度 九州ブロック研究集会 建築士の集い 熊本大会

■建築士の集い“熊本大会”
6月23日に くまもと森都心 で九州ブロック研究集会 建築士の集い熊本大会が開催されました。九州沖縄の各県から約570人が参加されました。大会式典では、大会テーマである「一陽来復~未来へと向かって~」を掲げ、二年前の震災からの復興をめぐり建築士と地域とのつながり、被災地での活動や備え、歴史的街並み・建造物の復興の問題点について各セッションやフォーラムなどが行われました。地震により被災し多数の町家が解体され消失しており、景観や文化を守っていくことの難しさと行政と建築士とのつながりの大切さを痛感しました。
大会受付 開会式典
地域実践活動発表 復旧工事の続く熊本城

■地域実践活動発表
福岡県からは“集いから繋がる活動の輪”をテーマに防災啓発活動や、昨年の九州北部豪雨災害においての避難所の紙管による簡易間仕切りの設置活動などの発表がありました。建築士としての災害時における支援の在り方について非常に考えさせられる内容となりました。地域の特性を生かした“日本遺産・人吉球磨地域における建築士の役割”をテーマに発表した熊本県建築士会が九州の代表に選出されました。
■意見交換会
余興のフラダンスをはじめ賑やかな交流の場となりました

青年・女性委員会 副委員長 筑紫地域会 山田 康晴

平成30年度第二期一級/二級/木造建築士定期講習(有料)のご案内

平成20年11月28日に改正された建築士法の規定により、建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士又は木造建築士は、3年毎に国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う、一級建築士定期講習、二級建築士定期講習又は木造建築士定期講習(以下「建築士定期講習」という。)を受講することが義務付けられています。
このたび、平成30年度第二期建築士定期講習の詳細が下記のとおり決定し、受付を行いますのでご案内いたします。
今年度は、平成27年度に受講された方が、受講の対象にあたる年になりますのでご確認をお願いいたします。
◆講習日◆  平成30年8月22日(水)
◆会場◆ 福岡建設会館7階会議室
◆定員◆ 200名
◆受付場所◆
(公社)福岡県建築士会
福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
電話番号 092-441-1867
◆受講受付期間・時間◆
平成30年5月7日(月)~平成30年8月6日(月)
9:30~16:30(ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
※講習の受付は申込受付順とし、受講申込者数が定員に達した場合、または極端に受講申込者が少ない場合は、希望する講習地及び講習日が受講できない場合があります。
◆受講申込書関係書類の配布時間◆
9:30~16:30(ただし、土曜日、日曜日、祝祭日は除く。)
◆受講申込書配布場所◆
(公社)福岡県建築士会事務局
(一社)福岡県建築士事務所協会 事務局
※インターネットからダウンロードもできます。
◆配布価格◆無料(受講を希望する方1人に1部)
◆会場コード◆ 8A-01
◆受講料◆ 12,960円(消費税込)

研修・業務委員長 伊藤 裕一

「建築と法律」(31)
 平成30年6月18日に発生した大阪北部地震にて,児童が市立小学校プールのブロック塀の下敷きとなり亡くなるという痛ましい事件が起きました。倒壊したブロック塀がおそらくは違法で危険であったということは,ニュースなどから専門家である皆さんも理解していることと思います。
 このような場合,占有者(ないしは所有者)である市は,ブロック塀の設置又は保存に瑕疵があったとして損害賠償責任を負うことになる可能性が高いことになります(工作物責任・民法717条)。また,設置をした業者も損害賠償責任を負う可能性があります。
弁護士 矢野間 浩司

会員のための無料法律相談のご案内

7月17日(火)に福岡市内で無料相談を開催いたします。
電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。
電話 : 0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)

(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司

平成30年二級建築士試験「設計製図の試験」受験直前準備講習会と
作図の練習(トレース)準備講習会

学科試験の難関を突破すれば次のハードル ― 設計製図試験 ― 待望の建築士!!
このハードル「設計製図」は将来建築界で活躍する為の実力を問うものです。
建築士会では、平成30年「設計製図」試験の課題を試験実務に精通した講師の先生方が、内容を十分検討し、あなたに個別指導をするスタイルで講習会を開催します。
短期間での徹底した個別指導ですから、お忙しい方に最適です!本講習会は例年、参加者から好評をいただいており、合格率も高いので、ぜひ受講をおすすめします。
初めて図面を描く方や作図に自信のない方のために、受験直前準備講習会の前に、作図の練習(トレース)を開催します。一級建築士を目指している方もご参加いただけます。
尚、合格の暁には、免許登録後、建築士会にご入会されますようにお待ちいたしております。本講習会は例年、好評をいただいております。
(特により懇切丁寧な指導と好評の4日間コースをおすすめします。)
受験直前準備講習会案内・申込書(二級・木造)こちらをご覧ください!
受験直前準備講習会案内・申込書(一級)こちらをご覧ください!
 
◎二級建築士試験「設計製図の試験」の課題
地域住民が交流できるカフェを併設する二世帯住宅
[鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3階建て]
(公財)建築技術教育普及センターホームペページ


 
◎木造建築士試験「設計製図の試験」の課題
専用住宅 〔木造2階建〕
(公財)建築技術教育普及センターホームページ

研修・業務委員長 伊藤裕一

全国女性建築士連絡協議会in高知」 報告会

7月28、29日に高知で開催される「平成30年度第28回全国女性建築士連絡協議会 未来へつなぐ居住環境づくり~伝統こそ最先端~」に福岡県より十数名が参加します。
8分科会の内容、6コースのエキスカーションの見学会等の体験を会員の皆で共有したいと思い、報告会を開催します。お誘い合せの上ご参加下さいますようご案内申し上げます。
また、報告会終了後、懇親会を開催します。貴重な交流の機会となると思います。お気軽にご参加ください。
■ 日 時:8月18日(土) 14:00~17:30
■ 場 所: 福岡建設会館 7階 702会議室
■ 内 容:1)分科会報告 
A:防災への取り組み     B:建築女子がきずく未来
C:歴史的建造物と建物再生  D:会員拡大に向けた取り組み
E:自治体連携とまちづくり  F:「地産材」活用の取り組み
G:高齢社会と住まい  H:既存民家の活用 
2)エキスカーション(①~⑥コース)報告
3)福岡大会開催について その他 
■懇 親 会:18:30~ 
会費:4000円 場所:博多駅周辺(当日ご案内します)
■申  込:8月6日 までに 事務局へ申込書をお送りください。
■申込書はこちらをご覧ください!

青年・女性委員長 藤田ゆか里

平成30年度第1回スキルアップセミナー「建築の仕事に役立つビジネスマナー講座」

 6月9日(土)に久留米市役所くるみホールにて主に新入社員の方を対象としたスキルアップセミナー「建築の仕事に役立つビジネスマナー講座」を開催しました。セミナーには19名の方に参加いただき、社会人としての常識・礼儀作法について後藤みえこ先生よりお話しいただきました。マナーの基本である態度・挨拶・身だしなみ・言葉づかいについて、参加者の皆さんと名刺交換、来客時の案内、お茶の出し方などロールプレイしながら学ぶ時間もあり、ビジネスシーンで実践出来るマナーを教えていただきました。これまで知っているつもりでいたマナーも間違っていた事が多いなと感じられた方や立ち振る舞い・言葉づかいについて改めて見直す機会となり受講して良かったとの感想をいただきました。新入社員だけでなく今回スタッフとしてサポートさせていただいた私自身にとっても基本を見つめ直す機会となった研修内容でした。セミナー終了後は新たな繋がりを生む賑やかな交流会となりました。
セミナーの様子 交流会の様子

青年・女性委員会 久留米地域会 濱﨑 宣子 

5/19 第12回 福岡県景観大会(ふくおか景観フェスタ)参加

5月19日(土)に、アクロス福岡・天神中央公園に於いて、第12回福岡県景観大会が開催され、福岡県美しいまちづくり協議会の会員である建築士会からは2名がスタッフとして参加してきました。
屋内では、福岡県美しいまちづくり建築賞等の表彰式、受賞作品の展示、各地域まちづくり活動等の展示、景観クイズラリー、屋外では竹とんぼ作りや積み木でまちづくり体験等様々なイベントが行われました。
県内のゆるキャラが多数参加し、たくさんの方が楽しんでおられました。
私自身も福岡県内の様々なまちづくり活動について学ぶことができ、今後の建築設計に景観を更に意識していきたいと考える日となりました。      
詳細については、下記ホームページをご覧下さい。
福岡県美しいまちづくり協議会 第12回福岡県景観大会レポート

まちづくり委員会 景観部会 中村 英雄

平成30年度福岡地域会会員集会

6月8日(金)にタカクラホテル福岡にて平成30年度福岡地域会会員集会が開催されました。出席者は33名でした。
内容は、平成29年度事業報告及び収入・支出報告、役員改選に伴う新体制の報告、平成30年度事業計画及び収入・支出計画等の報告があり、特に質問もなくすべて報告通りで閉会しました。
また、集会後に昨年に引き続き、公益目的事業「大学生のための卒業研究発表会最優秀作品賞」の展示を行いました。閉会後18時00分より同ホテルにて県本部と合同の懇親会が開催され、会員相互の懇親を深める有意義な時間となりました。
地域会代表 新旧 交代 九州産業大学建築都市工学部 豊 康範様
九州大学芸術工学部 中原 有理様 福岡大学工学部 原 昌平様

福岡地域会 会務運営委員長 西 幸博

筑紫地域会 平成30年度 会員集会

5月25日(金)やぶれかぶれ雑餉隈店にて会員集会を開催しました。
集会では、29年度の事業報告と決算報告・監査報告が承認されました。
また、30年度の事業計画と収支予算案が協議され、無事に終了することができました。
地域会の役員改選は、青年委員と広報委員が改選され、他は前年度通りで従事することになりました。
その後、同会場にて懇親会が開催され楽しく歓談する事ができました。
総会出席者 15名    懇親会出席者 28名

筑紫地域会 広報委員 藤 嘉貴

6/20福岡地域会賛助会総会

6月20日、平成30年度(公社)福岡県建築士会福岡地域会賛助会総会が開催されました。参加31社と委任状25社を含め、報告は可決されました。
昨年度の交流の場として設けられた行事のひとつ、オオクマ宝珠山工場・太刀洗平和祈念館見学のバス研修ツアーでは、昨年7月に九州北部豪雨で被害があった地域を目の当たりにしました。
本年は6月18日に、大阪北部で地震が発生しました。総会後に行われた懇親会では、ワールドカップと並び、地震の件も話題に上がりました。皆が一緒になって試合を応援したり、災害地域に支援をしたり・・・そのような行動に繋がるような、会員様同士の縁や絆が深められる交流の機会を、今年も企画して参ります。

福岡地域会 賛助会 幹事 金澤 文子

6/14 平成30年度 北九州地域会 全員集会

平成30年度北九州地域会全員集会を6月14日(木)ホテルアルモニーサンクにおいて、北九州地域会会員総数287名の内、40名の参加を得、柴田青年委員長の司会で、全員集会を開催しました。西村代表のあいさつの後、下記の報告事項を説明しました。 (1)推進体制(西村代表) (2)29年度活動報告(首藤副代表) (3)29年度決算報告(平山幹事) (4)30年度活動計画(首藤副代表) (5)30年度予算計画(平山幹事) 各項目報告後、数件の質問意見がありましたが、滞りなく報告が終了しました。
西村代表 挨拶 全員集会 状況
活動報告・計画 首藤副代表 決算・予算 平山会計
その後、柴田青年委員長の司会で懇親会が始まり、西村代表のあいさつの後、来賓(建築都市局指導部建築審査課長 刀根宏之様、建築指導課長 櫨本浩一様、観察指導課長 上原 卓己様、JIA 松島逸人様、KAC 早川仁様、事務所協会 久松博幸様)を代表し、刀根宏之建築審査課長様のご祝辞をいただき、その後、首藤副代表より、賛助会会員会社(日本ERI(株)様)の紹介及び自己PRの後、櫨本建築指導課長様の乾杯のご発声で懇親が始まり、浅田副代表の中締め時間まで、地域会会員の親睦を深める時間を有意義に過ごし、盛会の内に、終了いたしました。
総合司会 柴田青年委員長 来賓挨拶 建築審査課 刀根課長様
賛助会 日本ERI(株) 宮武北九州支店長様 乾杯挨拶 建築指導課 櫨本課長様
懇親 状況 中締め 浅田副代表

北九州地域会 池田友三

柳川地域会 建築士の集い 熊本大会のご報告

 柳川地域会からは、予定では12名の登録でしたが、当日、岡代表の緊急入院により11名の登録となりました。参加者の応募から交通手段等・地域会のレクレーションまで数回、役員会及び参加者との会合を行い、当日を迎えました。受付時間ぎりぎりの到着となりましたが、開会式から分かれて分科会等に参加致しました。熊本城見学も行い有意義な集いではなかったかと思います。会員の懇親のために開催地で懇親会を行いました。参加者全員、楽しく過ごす事ができたと思います。
 2日目は、地域会のレクレーションで二手に分かれ、観光及びゴルフを行いました。天候にも恵まれ、大変良かったと思います。
柳川地域会では、会員が1人でも多く参加してもらうことを目的とし、多くの参加を目指しており、有意義で楽しんでもらって、より多くの参加者及び新入会員の増強を目指します。
 ただ、残念だったのが、参加者全員がエクスカーションBコース(立ち入り禁止区域コース)に参加したかったのが本音です。各県より5名だったので難しいとは思っておりましたが、また機会があれば、工事中の現場を見学させていただきたく思います。

柳川地域会 会計 三砂 豊博

超 短い会話

「あれ」「それ」で通じる高齢者夫婦の会話。これが何を指しているのかは長年の経験と共有の状況があってこそ二人だけに分かる話で、第三者には全く判らない会話である。
近年、省略されたというか圧縮されたというか、二、三文字に組み合わせた言葉が多い。時短、民泊、高裁、車検、健保、セ・パ、パワハラ、セクハラ、等々。これらは一般的に普及していて、皆さんが共有して理解している。
しかし、一字で会話が成り立つ東北の秋田地方の言葉がある。「け」、「く」。判るかなー?「け」は、「食べていかんね~食ってけ」、「く」は、「食べる~食う」、の意味だそうだ。ほかに「ね」は、「無い~ねェ」、の意味とある。だが近頃の若者達も負けてはいない?。メールでの会話で「り」があるそうだ。「り」は、「りょ」の略で、「りょ」は、「了解」の略だそうだ。私は、ついていけない。  
福岡地域会  柘植 成光

 貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

  [用 紙 等] 400字程度。 ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
  [応募規定] 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
  [宛  先] 福岡県建築士会事務局   E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
          FAX : 092-481-2355
福岡県建築士会写真倶楽部
 福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
 不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
 (被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。)
また、『戌年』にちなんで、愛犬の写真も募集いたします。地域会名、お名前、愛犬の名前、犬種をご記入の上、下記方法でご応募ください。

  [応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


[氏 名] 入家雅彦
[題 名] 「優しい彩」
今年はもう終わってしまいましたが紫陽花の写真です。
昨年、久留米の千光寺にて撮影しました。
雨がシトシト降る午前中、カラフルな傘を差し見物される大勢の方が、優しい色で咲いているアジサイを見入っておられました。もうじき梅雨も明けます。
また暑い季節になってきますね。
(公社)福岡県建築士会賛助会員  HPにリンクしております

(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 平成30年7月5日発行 第145号 通巻第361号
発行:(公社)福岡県建築士会 石本元彦 編集:広報委員会 有澤廣己
事務局:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館6階
TEL 092-441-1867 FAX 092-481-2355
E-mail:shikaifu@crocus.ocn.ne.jp ホームページ http://www.f-shikai.org
今月の編集員
池田友三(北九州)、生野孝(浮羽)、上村公仁隆(福岡)、大嶌栄三(福岡)、善敏治(福岡)、柘植成光(福岡)、冨田慎一郎(北九州)、末永美穂(事務局)
( )名は地域会名、五十音順、敬称略
※メールマガジンの写真を無断で転写することを禁じます。