(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和2年3月2日発行 第165号 通巻第381号

作品名 アマダ記念会館
設計者 根本雅明(東京建築士会)
勤務先 (株)竹中工務店 東京本店 設計部
施工者 (株)竹中工務店
平成31年 日本建築士会連合会賞
優秀賞
3
案内

全国女性建築士連絡協議会「福岡大会」

令和2年度第30回全国女性建築士連絡協議会・福岡大会を7月18日(土)・19日(日)に九州産業大学で開催します。九州で開催されるのは第12回の熊本大会以来です。
大会のテーマは『未来へつなぐ居住環境づくり』~建築空間を支える木の文化 木挽棟梁のモノサシ~です。
生活習慣の変化により地域の環境に即した伝統的な住まいに暮らす人が減少していることから、木材などの自然素材を活かした建築空間や要素を改めて見直し、美しい日本の住まいのあり様を次の世代に引き継ぐことの重要性を思い、その考えを掘り下げる機会になればと思います。
基調講演では、杉の文化の研究と情報発信行い、現代の木挽棟梁として活躍の有限会社杉岡製材所代表取締役の杉岡世邦氏にご講演頂きます。
また、9年が経過した東日本の被災地の現状報告と、昨年の風水害の被災地報告を行います。2日目は8つのテーマの分科会を開催します。
本大会は男女を問わず、会員以外の方、学生の方も広く参加募集します。申込方法と申込書は4月号のメッセに掲載します。貴重な機会ですので沢山の参加をお待ちします。
詳しくはプログラム こちら をご覧ください。
青年・女性委員会委員長 藤田ゆか里
案内

会員作品展の募集

今回も第23回に引き続き、用途や規模にとらわれず、過去5年以内で会員が担当した作品を自由に募集いたします。
作品は、会社の名前や管理建築士の名前だけでなく、その作品に主体的に携わった担当者のお名前を掲載してもかまいません。
ただし、建築士会会員に限ります。若い会員の方も、どしどしPRしてください。
 なお、過去の作品展の内容は、建築士会ホームページで4年間は閲覧できますので、ご参考にしてください。
 また、会員作品につきましては、随時受付けています。ご応募いただいた作品をまとめ『会員作品展』としてメールマガジン「メッセ」4月号、10月号メッセ、ホームページのトップページにスライダー等でご紹介していますので、ぜひご応募お待ちしています!
 今回は、メッセ4月号『会員作品展2020春・夏号』でご紹介いたしますので、3月27日までに下記応募フォームからご入力ください。ホームページのバナー「会員作品展作品募集中」からご応募いただけます。
広報委員会副委員長 大嶌栄三
お知らせ

会員増強に係る今後の取り組みについて

(公社)日本建築士会連合会において、会員増強対策タスクフォースにより会員増強に向けた提言がまとめられ、1.会員一人一人による新規会員勧誘の促進 2.会長・役員と事務局を中心とした建築士会の魅力向上や活性化のための取り組みの推進 の2項目によって取り組みがスタートしております。
 そこで、会員委員会で各県建築士会の取り組みを検討し、まずは新規会員勧誘の促進に関する新たな制度を提案することとしました。
【1】勧誘者に対するインセンティブを支給する制度
【2】会員増強に貢献した会員の表彰制度
以上、2つの制度の詳細につきましては3月9日の理事会で審議・承認ののち公表・実施の運びとなりますので、皆様会員一人一人のご協力をお願い申し上げます。
会員委員長 内野 英雄
報告

令和元年度 2/4 第3回運営協議会及び地域貢献活動報告会

2月4日火曜日に第3回運営協議会が開催されましたので概要を報告します。

○日 時:令和2年2月4日火曜日 15:00 ~ 16:30
○場 所:ARKビル2階大会議室
○出席者:29名 (欠席 2名)
○議 題
(1)令和2年度公益目的事業予算要望書(案)について
①1/15企画会議での検討結果
・委員会要望額は昨年度の査定額とほぼ同額となったが、今後の地域会からの要望額をみながら次回決定する。
②令和2年度公益目的事業予算要望書〔委員会〕活動内容の説明
・まちづくり委員長、青年・女性委員長から活動内容を説明。地域会からの要望書は3/6までに提出いただく。
(2)地域会運営について 
①地域会運営細則の再検討について…細則の見直しを3月理事会に諮る。
②令和2年度地域会活動費について…12月末日の正会員数で活動費を算出
③情報提供や予算見直し等の具体策により、地域会活動の活性化及び委員会との連携強化をより一層、促進する。(令和2年度事業計画の重点目標に掲げてる)
(3)3/28(土)活動報告会&懇親会について…各地域会代表に参加をお願いする。
(4)会員増強について→3月定時理事会に諮る。 
・新入会員紹介者へのインセンティブ等について3月定時理事会に諮る。
(5)令和2年度全国女性建築士連絡協議会について 
(6)事務局報告等
① 連合会報告、② 令和2・3年度 役員改選(理事候補者)について(各ブロックからの理事数 ブロック選出理事7名+ブロック副会長4名=11名 昨年比△1名(県南))、③ 令和2・3年度 委員会編成について、④ 令和元年度 会員推移表(1/15現在)1月15日現在/正会員数 2,079名、準会員190名、非会員 141名※期首正会員数2,092名(4/1~1/15入会者数48名、退会者数61名 △13名)、⑤ 令和元年度 会費入金状況について(1/15現在) 97.9%  1年未納者 36名、2年未納者 21名、⑥ 令和元年度 公益目的事業予算執行状況について(1/15現在)執行状況 73%、⑦ 令和元年度 決算見込みについて、⑧ 令和2年度 事業計画書及び収支予算書(案)について、⑨ 交通費について(イベント等出席の場合)・各地域会交通費一覧 令和2年度から委員会等新料金(消費税8→10%)、委員会以外での出席での交通費は実費

★令和2年度事業計画書(案)※重点目標 中項目のみ
1.建築士としての社会的地位の向上を目指す。           
2.会員増強を強力に推進する。
3.公益社団法人としての円滑な会の運営につとめる。 
4.改正建築士法に対応した建築士試験の実施及び建築士免許登録を円滑に推進する。
5.令和2年7月18・19日全国女性建築士連絡協議会「福岡大会」の成功を目指す。

★令和元年度 地域貢献活動報告会★ 16:30 ~ 17:30
〇九州産業大学 地域貢献実践ゼミナール
「柳橋連合市場の固有資源を活かした地域づくり~福岡市中心部における守りたい昔ながらの風景~
〇西日本工業大学 岡田研究室
「豊前神楽における神楽と地域コミュニティの継承についての研究」
〇麻生建築&デザイン専門学校 建築サークル
「博多地区の空き家の調査」
〇立花口プロジェクト(九州産業大学松野尾研究室内)
「地域資源を活かした継続可能なまちづくり活動に関する調査研究」

※協議会内容については、3/9定時理事会で再度検討いただく。また協議会終了後、地域貢献活動助成4団体の皆様から地域貢献活動のご報告いただき、その後懇親会を開催しました。

九州産業大学 地域貢献実践ゼミナール

西日本工業大学 岡田研究室

麻生建築&デザイン専門学校 建築サークル

立花口プロジェクト    
九州産業大学松野尾研究室内

専務理事 有澤廣己
挨拶

「建築と法律」(51)

 今年から建築士試験受験までに実務経験は不要となりました(合格後登録するのに実務経験を要する。)。
 これにより,多くの学生が受験することが予想されます。学生は,就職などのためという動機付けや社会人に比較して時間があるということから,優秀な受験者が多いと思われます。おそらく合格率はあまり変わらないでしょうから,学生が受験することで難易度がグッと上がると思います。7月12日まで時間はあります。皆様の所員や知り合いなど今のうちから気合を入れてあげてください。
 実務者向けの情報も。保存図書の範囲が広がりましたのでご注意ください。

【会員のための無料法律相談のご案内】
3月16日(月)に福岡市内で無料相談を開催いたします。電話での法律相談は随時実施いたします。
今月の福岡市内での無料相談は中止します。
いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)
(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司
案内

令和元年度 活動報告会(「建築士の集い」予選会)

福岡県建築士会では、昨年より 各地域会や委員会での活動を広く知って頂き、相互理解や交流をはかる場とし、”わが街の魅力を伝える”と題して発表を行っています。

青年・女性委員会では、発表される中から優れた活動と思われた活動に対して参加者に方に投票して頂き審査を経て、優秀賞を選考行います。
優秀賞に選ばれた活動は、6月に鹿児島県にて開催予定の九州ブロック研究集会「建築士の集い」での九州各県からの地域実践活動報告の中で、福岡県からの代表として発表予定です。

福岡県内各地の会員が集まる貴重な機会となりますので是非懇親会にも参加して頂き他地域の方々と交流を図って頂けたらと思います。
是非、皆様ご参加の程宜しくお願いいたします。

開催要領
 1)期日  :令和2年3月28日(土)15:00~17:30
 2)場所  :リファレンス会議室
 3)発表者 :各地域会及び委員会(委員会は場合によっては一部) 
 4)発表内容:各地域の活動状況、問題点、地域の魅力等。委員会は活動内容
 5)発表時間:1ヶ所で3分~5分程度(詳細は今後の状況で判断)
 6)発表方法:写真、説明文等をパソコンからスクリーンに映し出し、発表
        *そのため、発表者はパソコンへの発表内容のデータを提示して下さい。
 7)懇親会 :報告会終了後、約2時間程度の懇親会を予定しています。
        これも重要な意味を持つので、積極的参加をお願いします。

申込締切:2020年3月13日
※申込用紙はこちら から!
青年・女性委員会 山田康晴
報告

1/31・2/1 令和元年度全国まちづくり委員長会議(第28回まちづくり会議)

 1月31日、2月1日(金・土)、東京都港区三田にて開催された「第28回まちづくり会議」に初めて参加してきました。全国から150名超の参加で、まるで全国大会のような雰囲気に圧されびっくり。
 初日は基調講演と都内の5地域の事例報告です。参考にその題名と活動地域()を記します。/代官山とヒルサイドテラスのまちづくり50年(代官山)/歴史と文化を継承、活用する谷中のまちづくり(台東区谷中)/景観まちづくりから地域コミュニティを考える(墨田区北斎通り界隈・両国駅付近)/品川支部のまちづくり取組(戸越銀座、品川宿、天王洲ほか)/文京建築士会ユースの取組(銭湯の調査や紹介を切り口に・文京区)/
 事例報告では、建築士あるあるの上から目線ではなくて、どなたも柔らかいフラットな眼差しで地域と関わっているのがよくわかりました。まちづくりは「自分が住むふつうのまちの価値を発見すること」から。ある発表者の言葉が大変印象に残りました。
 2日目は「まちづくりの課題と今後の方向性を探る」のテーマのもと、発表者達が各テーブルを廻って参加者と意見交換。防災、歴史、景観、街中、福祉の各視点で話を掘り下げ、私やあなたの地域ではどうなの?などなど、深く広く話が盛り上がりました。2日間、盛りだくさんすぎて正直消化しきれない部分もありましたが、華やかなビッグプロジェクトとは違う、地に足の着いた活動を聞けた大変貴重な機会でした。
会議終了後、残念ながら新型肺炎がこわくて発表に出た街をうろうろできませんでしたが、機会があればぜひ巡ってみたいと思います。

事例報告

分科会

分科会

分科会発表

まちづくり委員会 防災部会長 中原 明子
報告

2/6(木)北九州地域会役員会

2月6日(木)に令和元年度北九州地域会役員会を西村代表の下、西小倉市民センターに於いて12名の出席を得て、下記議題にて開催致しましたので概要報告致します。
1.開会
2.議事
 1)本部からの報告
 ・令和2年度総会について
 ・関門景観、学生と語る会、研修旅行総括
 ・建築士会会員数についての展望
 2)各委員会からの報告
 ・全国女性建築士協議会日程:7月18日(土)~7月19日(日)
 ・学生と建築を語る会日程:7月4日(土)
 ・研修旅行:秋頃予定
 3)令和2年度 事務局選出について
 4)令和2年度 役員(本部・地域会)選出について
 5)その他
3.閉会:次回役員会 3月10日(火)18時30分から
以上の内容に関して意見交換を行った。

北九州地域会広報 冨田慎一郎
報告

1/27(月)筑豊ブロック会議

 今年度は田川地域会担当で、令和2年1月27日(月)田川市 好日庵 において筑豊ブロック会議を開催した。(出席者 18名/(地域会)行橋 3名、豊前 3名、田川 5名、直鞍 3名、飯塚 4名)
 会議議題1.県本部理事会等の報告、2.各地域会の令和元年度の事業報告及び令和2年度の事業計画について、3.令和2年度筑豊ブロックの取り組みについて4.その他等報告、情報提供があった。
「2.各地域会の令和元年度の事業報告及び令和2年度の事業計画について」各地域会から報告いただき、「3.令和2年度筑豊ブロックの取り組みについて」については、県本部各委員会に対し、各地域会会員の積極的な参加要請があった。
 次回、来年度筑豊ブロック会議は、令和3年2月(予定)豊前地域会担当で行うこととなった。会議終了後は、意見交換をおこなった。
田川地域会 津島 潔
報告

2/12福岡地域会幹事会

令和2年2月12日(水)都久志会館6階601号会議室に於いて福岡地域会 幹事会を開催しました。
(出席者43名)
会議では、県本部情報、県各委員会からの報告・案内があり、つづいて福岡地域会情報として活動内容や今後の予定について各担当者より報告がありました。
会務運営委員会より予算執行状況について、親睦・会員委員会からは建築倶楽部「新年の集い」、賛助会情報としてCPD講習会、合同バス研修のお知らせ及び報告がなされました。
また、次回の幹事会(4月)までに「建築士の会」会長選考委員会が開催されることも会務運営委員会より報告いたしました。
続いて、審議事項では、次年度の役員、予算、事業計画、スケジュール、公益目的事業についての審議が行われました。各団体からは総会の日程等のお知らせがありました。
次回の幹事会は4月28日(金)を予定しております。

福岡地域会 会務運営委員会 委員長 西 幸博
案内

ヨーロッパの思い出(18)帰路

  スープに ゲジゲジが?
 最初の2~3日はいつものように、朝、髭を剃っていた。だが、考えてみると、髭を剃る必要性がなく、元々面倒くさい。それに、どの国でも、若者も髭を生やしている男性が多い。それでその後、鬚剃りをやめた。数日すると、上野課長も無精髭だった。彼も髭剃りをやめたと言う。このまま最後迄伸ばそうやと話しあった。
 2週間位経った日、スープを飲もうとしたら、なにやらゲジゲジのようなものが見えた! エッ?と思ってスープを見直したが何もそんな物は入ってい なかった。何だったのだろうと思いながらスープを飲もうとすると、又ゲジゲジが? よく見ると、伸びてきた自分の鼻髭の先が見えていたのだった! 鼻髭以外は時々剃って3週間も過ぎると鼻髭らしくなり、他の人からニヤニヤと見られた。 旅の最終日、上野課長と「帰国したら、最初の出勤日は、この髭のままで出よう」と約束した。皆が驚くだろうと思った。
 オランダ航空の帰りはジャンボ機で、途中、昼間にシンガポールに着陸した。空港近くでビルの建設現場があり、よく見ると仮設の足場が竹だった。日本ではまだ木材だったので珍しく思った。この地域では竹が多いらしいが竹は滑るのではないかと心配した。(続く)

ミロのヴィーナス=ルーブル博物館(パリ)

モナリザのある部屋=ルーブル博物館(パリ)

モンマルトルの丘(パリ)

カフェテラスで昼食(パリ)

福岡地域会 柘植 成光

貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

[用 紙 等]
 400字程度。ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
[応募規定]
 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
[宛  先]
 福岡県建築士会事務局
 E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
 FAX : 092-481-2355
案内

建築士賠償責任保障制度(けんばい)等のご案内

(公社)日本建築士会連合会では会員の皆様に向けた様々な補償プランをご用意しています。
その中で「建築士賠償責任保障制度(けんばい)」と「建築士賠償責任保障制度(けんばい勤務建築士用)」のご案内をいたします。

「建築士賠償責任保障制度(けんばい)」
 会員の皆様におかれましては、建築物の安全 性を確保するために重要な役割を担う建築士として、日々適正な業務遂行のために力を注いでおられることと思います。一方で、品質管理をどんなに徹底しても、不測の事故が発生してしまう可能性を完全に排除することができないのも現状です。このような事態に備え、本会では、会員企業のニーズに応えるべく、1998年 4月より「建築士賠償責任補償制度」を運営してまいりました。制度発足以来、6000を超える建築士事務所にご加入いただいております。

★2020無料法律相談チラシ表はこちら をご覧ください。
★2020無料法律相談チラシ裏はこちら をご覧ください。

「建築士賠償責任保障制度(けんばい勤務建築士用)」
 2015年6月25日改正建築士法において、第24条では「管理建築士の責務の明確化」、また、第22条の3 の3では「一定規模の建築物について、書面による契約締結が義務化」され、建築士個人の責任が明確化される可能性が高まりつつあります。こうした新たなリスクへの対応を視野に入れた「けんばい勤務建築士 用」を創設いたしました。
 
 建築士としての業務の安定化を図り、不測の事態への賠償資力を確保するために、より多くの会員事務所 が本制度にご加入されますようご案内申し上げます。(連合会HPより抜粋)
 詳細につきましては、連合会HP(https://kenchikushikai.aic-agt.co.jp/ )をご覧ください!

事務局
案内

連合会たより

「日本建築士会連合会 HP」トップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!(2020/2/29現在)

事務局
お知らせ

事務局たより

〔重要なお知らせ〕
国土交通省より、新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の内容を踏まえ、当センターを含む全登録講習機関へ4月末までの建築士定期講習の実施を控えるよう要請がありました。これに伴い(公財)建築技術教育普及センターで実施する4月末までの建築士定期講習は中止となりました。
なお、センターでお申込みいただいた方々への今後の手続き等については、4月頃に郵送にてご連絡いたしますのでしばらくお待ちください。
新型コロナウィルス感染予防の対策について当会ホームページでもお知らせしていますのでこちら をご覧ください。
事務局
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


案内

福岡県建築士会写真倶楽部

【題名】狸寝入り
【氏名】堀謙二
相島に初めて行って来ました。気持ちよさそうに寝ていて触っても起きません。
でも、コンビニ袋をガサガサすると飛び起きて追いかけてきます。気を付けてくださいね。