(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和3年11月1日発行 第185号 通巻第401号

作品名 五ケ山クロス ベース
設計者 平瀬祐子/平瀬有人
勤務先 株式会社 yHa architects
施工者 株式会社小柳技建
第32回 福岡県美しいまちづくり建築賞
優秀賞 一般建築の部
福岡県HPから作品集がご覧いただけます!
第32回福岡県美しいまちづくり建築賞作品集
11
案内

第63回建築士会全国大会「広島大会」(東京会場へ変更)

 第63回建築士会全国大会「広島大会」につきましては、メールマガジン『メッセ』9月号でもお知らせいたしましたが、新型コロナウィルス感染拡大のおり、広島での開催を断念し規模を縮小した上で感染症対策には万全を期し「広島大会」という位置づけのまま全国大会を東京において開催されることになりました。
 現地参加は、関係者(主催者・来賓・表彰者等)のみとし、入場を制限する一方で、大会式典・記念対談・交流セッションをオンラインにより配信されることになりました。大会の各プログラムはLIVE配信により当日無料でご視聴いただけます。
 建築士会会員をはじめ、できる限り多くの方にオンラインを通じて全国大会にご参加頂きますようお願い申し上げます。

★第63回建築士会全国大会「広島大会」 令和3年11月19日(金)~20日(土)
 WEB/LIVE配信 参加費無料
https://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/zenkokutaikai/63th-hiroshima/index.html
会員委員長 内野英雄
案内

省エネ法 気候風土適応住宅~福岡県運用基準~

建築物省エネ法の改正により、300m2未満の住宅・建築物を対象に、設計の際に建築士から建築主に対して書面にて「省エネ基準への適否等の説明を行う義務」が求められるとともに、その説明書を保管図書(15年)として建築士法に追加されることになった(令和3年4月1日施行)。そこでは省エネ法における「一次エネルギー消費基準」の扱いは変わらないが、告示第786号によりにより「外皮基準」が適用除外となり、新たに「気候風土適応住宅の具体の仕様」の事例を示しそれの幾つかに該当することにより、地域風土適応住宅の基準を満たすことが求められる。その「仕様」は国が告示で定めた項目に加えて、所管行政庁がそれぞれの自然的社会的条件の特殊性により、それとは別に定めることができるとされている。

すでに熊本県はその基準を定めている状況をふまえて、福岡県士会において今年から研修・技術委員会(伊藤委員長)の中に住宅省エネ基準検討会を設けて、福岡県気候風土適応住宅としてどのような項目が適切かという検討を進めるとともに、どのような手順で行うかを議論して県との協議も踏まえてその素案を作成した。そのやり取りをふまえて、10月18日「第1回福岡県気候風土適応住宅の運用基準検討会議」が建築指導課の招集で開催されて公式の検討が始まった。県をはじめ福岡市・北九州市・久留米市・大牟田市の行政に加えて、設計4団体と建設業関係の団体が出席、提案の内容に対してそれぞれが内部検討の上意見等を県でまとめることとした。おおよそ年度内の成案を目指して、今後数回の協議を行い進めるべく動きはじめた。ご興味がある会員の方は事務局にご連絡いただき、情報共有と共に協議への参加あるいはご意見をいただければありがたく思います。

★ご参考までに「気候風土適応住宅」の解説をご覧ください!※一般社団法人日本サステナブル建築協会
https://www.jsbc.or.jp/document/files/house_kikou_kaisetsu.pdf
会長 鮎川 透
報告

【全建女】What?ゼンケンジョ

ゼンケンジョ(全建女)=全国女性建築士連絡協議会 毎年全国の女性建築士が集まり、基調講演や分科会を通じて情報交換を行っている大会です。今年の福岡大会で第30回を迎えました。
福岡で全建女を開催しないか、と、打診を受けたのは、4年前の2017年、京都で開かれた建築士全国大会の時でした。これまで数回の東京大会と青森大会に参加をしたことがあり、内容の濃さに毎回刺激を受けてきましたが、開催県になることは全く考えていませんでした。翌年の2018年、視察を兼ねて例年より多い人数で四国の高知大会に出席、台風直撃で、なかなか大変な大会でしたが、おもてなしの心の温かさに感銘を受け、ここまで福岡でできるだろうかと少々不安にもなりました。その翌年の2019年は東京大会に参加。福岡のお菓子をたくさん持ち込んで、福岡大会をアピールしました。それと前後して準備を進め、2020年春には、あとはご案内するだけということろまで準備を整えておりましたが、まさかの翌年への延期。エキスカーション と懇親会は泣く泣く諦め、あとは九産大の会場で、、、と思っていたものが繰り返しの変更変更で、とうとう最後には、会場参加者は福岡県在住者のみというところまで追い込まれました。
4年間の準備には本当に多くの方の努力が注ぎ込まれています。初めてのweb開催は多くの課題がありましたが、乗り越えられた今、かなりのスキルアップができたのではないかと感じています。後日配信という形も取れたので、今までは同時開催のため一つしか選べなかった分科会も、興味のあるものは複数視聴できます。なりより移動しなくても大会に参加できるメリットは大きく、参加者が非常に多かった事は、開催県としてはとても嬉しい事でした。これからの大会のあり方を考えさせられた福岡大会となりました。
次回2022年の東京大会、2023年の石川大会と続きます。ぜひ多くの方にご参加いただき、全建女の楽しさを知っていただければと思います。

2019年 東京大会にて

福岡県建築士会 青年女性委員会担当副会長
上田 眞樹
報告

【全建女】リアルからオンラインへ

全国女性建築士連絡協議会が9月25日にアクロス福岡にて開催されました。
本来ならば2020年7月に九州産業大学にて開催予定だったのが新型コロナウイルス感染症の影響で一年延期となり、感染状況の終息が見えぬまま一年が過ぎオンラインと対面の併用にて開催が決まったのが今年の春のことでした。
オンライン開催というのは初めての試みだったため、先ずはZOOMの機能、操作方法を学ぶことから始めました。
特に分科会は全国のコメンテーターさん、司会者さん、福岡会場との連携が重要で、接続方法や操作手順を統一化する必要がありました。そこで操作手順のマニュアルを作成し、そのマニュアルに従って操作してもらうことにしましたが、一つ問題解決するとまた新たの問題が…ということの連続。試行錯誤の作業でした。
何度も勉強会やリハーサルを行い、問題を一つ一つ解決しながらの作業は時間と労力を要するものでしたが、皆が一丸となり連携していく中で、直接お会いできない方々とも一体感が生まれ、より密な関係性を築くことが出来たように思います。
オンライン開催は接続状況、機器の状況に左右されるところがあるため最後までドキドキでしたが、なんとかすべてのスケジュールを最後まで無事に終了することができ安堵しました。
振り返ると長丁場でしたが大変貴重な経験をさせて頂いたと思います。
withコロナの社会活動が定着してきた昨今、何かとリモートが当たり前になりつつありますが、この経験が今後の活動のなんらかのヒントになれば・・・と思います。
後日、HPでアーカイブ配信を行う予定です。参加できなかった方、他の分科会も聞かれたい方は是非ご視聴ください。

9/4リハーサル

9/25メイン会場

配信スペース

福岡地域会 久保 美奈子
報告

10/4 九州沖縄設計4団体懇談会

10月4日月曜日に2021年度九州・沖縄設計4団体懇談会が開催されました。コロナ禍での会議のため福岡県以外はオンラインでの会議となりました。参加者は53名でした。議題は下記の通りです。

【議 題】
①  九州・沖縄設計4団体災害ネットワークワーキンググループからの提案
   ワーキンググループ長・JIA 九州支部災害対策委員長 原田展幸
②  省エネ法 気候風土適応住宅について
  ・福岡県建築士会 ・宮崎県設計4団体 ・沖縄県建築士会
③  BIM 推進について ・福岡県建築士事務所協会
④  コロナ禍における事務所運営について ・熊本県建築士事務所協会
⑤  告示第98号の改正について ・鹿児島県建築士事務所協会
⑥  低入札防止に関する各県の取り組みについて ・福岡県建築士事務所協会
⑦  若手技術者の育成と速やかな世代交代について ・熊本県建築士事務所協会
⑧  新型コロナ状況下での会の活動・取り組みについて ・宮崎県設計4団体
⑨ 北部九州で発生した水害や各県の状況について ・宮崎県設計4団体

特に①の災害ネットワークのワーキンググループからの提案については、ワーキンググループで資料を作成したものを基に、時間をかけて討議されました。
九州沖縄各県が、ネットワークに参加することを、全県が承諾し決定しました。その他の議題についても、熱心な協議が行われました。
常務理事 上村公仁隆
報告

10/20 令和3年度第1回運営協議会

10月20日水曜日に第1回運営協議会が開催されましたので概要を報告します。

○日 時: 令和3年10月20日水曜日 14:00 ~ 16:00
○場 所: ARKビル2階大会議室
○出席者: 29名 (欠席 1名)
○議 題
(1)現在の状況及び今後の活動予定について 
○地域会/○委員会 
・報告 9/25(土)令和3年度全国女性建築士連絡協議会「福岡大会」 
(2)令和3年度予算執行について 
・予算執行状況、正味財産増減計算書(9月末日現在)
…会費収益は97%以上入金済みであるが、事業費が45%でまだこれからの状態。
今年度開催の全建女収支
・公益目的事業予算執行について  10/20現在執行 27%
(3)第63回建築士会連合会「東京会場変更」での開催について
・第63回建築士会全国大会「広島大会」については、新型コロナウィルス感染拡大のおり、広島での開催を断念し、規模を縮小した上で感染症対策には万全を期し「広島大会」という位置づけのまま全国大会を東京において開催されることになり、大会式典・記念対談・交流セッションをオンラインにより配信されることになった。
大会の各プログラムはLIVE配信により当日無料で視聴できる。
(4)福岡県建築士会70周年記録誌について
・記念誌原稿締切 11/30(火)
(5)気候風土適応住宅の福岡県運用基準(案)について 
・福岡県気候風土適応住宅としてどのような項目が適切かという検討を進めるとともに、どのような手順で行うかを議論して県との協議も踏まえてその素案を作成した。そのやり取りをふまえて、10月18日「第1回福岡県気候風土適応住宅の運用基準検討会議」が建築指導課の招集で開催されて公式の検討が始まった。
(6)九州設計4団体防災ネットワークについて~九州設計4団体懇談会  
・10月4日九州・沖縄設計4団体懇談会が開催され、コロナ禍での会議のため福岡県以外はオンラインでの会議となり、参加者は53名。多くの議題が挙がっていたが、特に災害ネットワークのワーキンググループからの提案については、ワーキンググループで資料を作成したものを基に、時間をかけて討議され、九州沖縄各県が、ネットワークに参加することを、全県が承諾し決定した。
(7)会員状況について 
・建築士試験の主な属性~セミナー開催参考資料
(8)報告事項 
1)連合会委員会(新型コロナウイルス感染症対策特別委員会、教育・事業本委員会)
○令和3年度建築甲子園について 応募1件:福岡工業高校
2)事務局報告等 
○令和3年度会員推移表、会費入金状況、未納者リストについて
・会員推移表…10/15現在/正会員 2,008名、準会員191名、非会員 142名
※期首正会員数1,983名(4/1~10/15入会者数69名、退会者数44名 +25名)
・会費入金状況…10/15現在 96.1%
・未納者リストについて…10/15現在:会費1年未納者68名、会費2年未納者6名
○令和4・5年度役員候補者について
・1月末日の会員数で理事数が決定。
監事は、持ち回り制であり、次年度は福岡ブロック、県南ブロックからの選出。
○来年度公益目的事業予算について
・公益目的事業の審査予算審議に際しての確認事項まとめ
○令和2年7月豪雨なりわい再建支援補助完了検査現場調査 4~9月分:30件
○令和3年建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰推薦 福岡地域会 有澤廣己会員
○春の褒章受章 黄綬褒章 西 洋一会員(福岡地域会:事務所協会推薦)
        黄綬褒章 金子 和英会員(柳川地域会:建設協同組合推薦)
○令和3年度日本建築士会連合会会長表彰 3名
北九州 池田友三会員、八女 中島孝行会員、柳川 岡 秀昭会員
(9)その他
○令和3年度後半スケジュール

※コロナ感染状況が落ち着き、今年度初めての運営協議会で、対面で開催することができました。
専務理事 有澤廣己
挨拶

「建築と法律」(71)

 宅地建物取引士を有している方,取得に向けて勉強されている方は多いと思います。民法での定番論点である錯誤(95条)が錯誤無効から錯誤取消に変更されたのはご存知でしょうか。最近,訴訟で錯誤取消を主張しましたので,ふと思い出しました。
 「取り消すことができる」と定められていますので,取り消すまでは有効です。実務としては,きちんと取り消したことを証拠化するため,相手方に内容証明・配達証明郵便を送ります。借金問題でよくある消滅時効も,時効を援用することにより時効が確定するため,それをを証拠化するため,相手方に内容証明・配達証明郵便を送ります。

【会員のための無料法律相談のご案内】
 11月10日(水)に福岡市内で無料相談をします。電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)
(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司
報告

令和3年建築士試験「設計製図の試験」について

9月12日(日)二級建築士、及び10月10日(日)一級・木造建築士試験の「設計製図の試験」が行われました。
福岡県での実施状況は以下のとおりです。

令和3年建築士試験がすべて終了いたしました。
試験業務に携わっていただいた関係者の皆様、ご協力誠にありがとうございます。
関係者の皆様にお力添えをいただき今年の建築士試験を無事終えることができました。
試験業務にご協力いただきました皆様に、心よりお礼申し上げます。
建築士試験・登録委員会
委員長 碇 好生
報告

10/18(月)北九州地域会役員会

10月18日(月)に令和3年度北九州地域会役員会を西村代表の下、首藤工務店会議室に於いて11名の出席を得て、下記議題にて開催致しましたので概要報告致します。
1.開会(西村代表挨拶)
2.議事(令和3年度上半期事業報告)
 1) 令和3年度全員集会書面にて開催の件
 2) 8月度臨時理事会報告(令和4・5年度会長人事に関する件)
 3) 令和3年度九州ブロック研究集会大分大会中止の報告
 4) 木質構造における構造設計技術セミナ-の案内 
 5) 北九州建築六団体行政連絡会議報告
 6) 福岡県建築士事務所協会実施の県内小学生による児童絵画展報告 
 7) 建築士会70周年記念誌発行に伴う執筆依頼
3.上半期決済報告
4.下半期活動計画及び予算計画について
5.上半期入退会者及び会費未納者について
6.その他
 1) 全国大会東京開催の件
 2) 新規会員者への懇親会案内の件
 3) 次回役員会開催の件
7.閉会
以上の内容に関して意見交換を行った。

北九州地域会広報 冨田慎一郎
案内

新入会員(オンライン)オリエンテーション開催のご案内

 このたび、令和2年10月~令和3年9月にご入会された福岡地域会の新入会員の方を対象に、(オンライン)オリエンテーションを開催いたします。オンラインシステム「Zoom」を利用しての開催ですのでお気軽にご参加ください。
                          記
【日 時】
令和3年11月13日(土)《Web配信システム(Zoom)にて》
 13:30~14:00 受付+Zoom接続確認
 14:00~15:00 オリエンテーション
 15:00~15:30 質疑応答
 ※参加人数によって多少の変更がございます。

【申込締切】
11月10日(火)
 ※ 参加者へは、後日ZoomへのアクセスURLをご案内します。

【申込先】建築士会事務局
(FAX)092-481-2355 もしくは(Email)f-shikai@poppy.ocn.ne.jp

★詳細・お申込みは こちら から!

皆様のご参加をお待ちしております!
福岡地域会 地域会代表 大嶌 栄三
親睦・会員委員長 岩川 勇樹
報告

10/15 福岡地域会 幹事会報告

令和3年10月15日(金)天神ビル11階11号会議室に於いて福岡地域会幹事会を開催しました。
7月と同様に今回も感染対策を施したうえでの対面会議を行いました。(出席者33名)
議題については、県本部情報、県各委員会からの報告・案内があり、つづいて福岡地域会情報として各担当者より報告がありました。福岡地域会では、一昨年より地域会独自の活動の活性化を目的とした事業を行っており、令和3年度中間地点での各事業の現在状況などもご報告いただきました。
また、福岡市、各団体の代表者、相談役からもご意見、ご案内をいただき会議を終了いたしました。
幹事会次回の予定は令和3年12月10日(金)です。恒例の忘年会は、今回も中止となっております。

福岡地域会 会務運営委員長 吉田 伸二
案内

12/18(土)木造建築物の施工の講演会~大工さんに聞きたい話~

大工さんに聞きたい話というタイトルの通り、「現代の名工」山田日出明氏に長年にわたる『建築大工・施工者』としての経験を実際の施工例を交えて話していただく講演会です。建築士として建築をされている方、施工者として建築をされている方、またこれから建築の世界に入ってこようとされている方にも聞いていただきたい話です。いつも見ている・聞いている、けれども実際には施工者『大工さん』しか知らないこと・分からないこと、そんな話をうかがって、そういう事だったのか、そんな風になっていたのかと理解し考える時間にしたいと思っています。また少しでも質疑応答の時間も作ります。この講演を聞いてこれからの仕事に役立てて頂ければと思います。
講演会は12月18日(土)15:00~17:00 久留米ビジネスプラザで行います。
添付の申込書でお申し込み下さい。ご参加お待ちしております。

★お申込みは こちら をご覧ください!
久留米・浮羽地域会 自然建築研究会 丸山紀子
挨拶

(19)福岡市建築局の運動会

  最初で最後の、福岡市
  建築局の運動会③
 どんな内容だったでしょうか?  借り物競走ではなく、走らないし、道具もゴールも無い?。 (人を頼るな!)
⑤助けて!競技、(選手は男性に限る、各1名)
 (前回の答=③満員電車=コンクリート工事用の型枠(2尺×6尺)を借り集めて、その1枚に何人乗れるか? 人数の多い順に勝ち。まさにギュウギュウ詰め。
④ミイラ作り競技=ミイラ役1名がコース途中に立ち、数名でトイレットペーパーを隙間なく巻きつけたら担いで走り、早い順。鼻も口も巻きつけて息苦しくなり巻き直したり、ロールが転がって取りに行ったり、運ぶ途中で破れてゴール前で巻き直したリ。応援もハラハラ。) (続く)
福岡地域会 柘植 成光

貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

[用 紙 等]
 400字程度。ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
[応募規定]
 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
[宛  先]
 福岡県建築士会事務局
 E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
 FAX : 092-481-2355
案内

事務局だより

九州民家大学より、宿谷昌則氏をお迎えし、九州民家大学 第三期 後期<実践編>建築環境学外論【全8回】(有料)開催のお知らせです。

ー第三期後期開講にあたってー

 新型コロナ禍の2020年秋、「2050年CO2ゼロ」いわゆる「脱炭素」が新政権の所信表明演説で宣言されました。さらに2021年4月には「2030年までにCO2を2013年比で46%削減」する目標が加わりました。これは従来の26%を一気に20%も深堀したものです。現時点での日本のCO2削減量は2013年比13%程度。これにより、わが国のエネルギー政策は「脱炭素」一色となりました。それを受け2021年7月、国土交通、経済産業、環境3省によって、2025年度以降全ての新築住宅に省エネ基準「適合」を義務付ける行程表が示されました。
 私たちが目指すべき持続可能な社会とは、地球環境が健全で、地域景観が美しく、人間一人ひとりが健康に過ごせる世の中です。改正建築物省エネ法にて定義された「気候風土適応住宅」は、その実現に向けた一筋の光明であると思います。しかしながら、方法論的には今後さらなる研究と実践が必要となってきます。
そこで民家大学第3期、宿谷昌則先生の全8回の講座では、気候風土に立脚した地域それぞれの適応の在り方を、ともに探っていけるような内容にしたいと考えています。地球や地域の環境のため、建築物にどのような素材と技術を使っていくか、人の心身の健康のためにどんな居住空間をつくっていくか、ともに考えましょう。
具体的には以下のような問いを宿谷先生へ投げかける予定です

① エクセルギー概念からみた、いまの「省資源」「省エネ」は。
② 茅葺屋根や置き屋根を熱力学的に見たらどう評価されるか。
③ 乳幼児の快適な環境とは。人工的環境がヒトの環境適応能力にどんな影響を与えるか。
④ 日本人は何故窓を開けなくなったのか。
⑤ 古民家へ入ると「冷っと」するが、それはなぜなのか。
⑥ 光合成により酸素が発生するが、温室の中での炭素循環はどうか。
⑦「ほどよい」温熱環境を解説してほしい。
⑧ いまの地球はエントロピ―が増大しすぎているのか。
⑨ 海で酸素の70%を供給している。海にも目を向けるべきでは

●申込方法:E-mail又はFAXにて。
氏名、所属する主催団体名(それ以外は一般とします)、電話番号、E-mailアドレス、来場参加かオンライン参加か、を記載して下さい。(基本はE-mailとしますがPC環境がない方はFAXでも可)
●申込先アドレス: minka2012_jmraqr@yahoo.co.jp FAX 0946-21-5077
●問い合わせ: 0946-21-5076(悠山想 宮本まで)
●主催:NPO伝統木構造の会九州地域会・認定NPO日本民家再生協会九州・沖縄地区委員会・新建築家技術者集団福岡支部

講義スケジュール (※会場A-D)お申込情報等につきましては下の「お申込情報」をご確認ください。
★詳細内容は こちら をご覧ください!
事務局
案内

連合会だより

「日本建築士会連合会 HP」トップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!(2021/10/31現在)

福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

シリーズ「建物の遺影」

建物の遺影・直方駅(2011年撮影)

明治43年に建築された直方駅は筑豊の石炭輸送の拠点駅として発展しました。2011年に解体の話が出ると、その時点で木造駅舎としては九州最古であったことなどから保存運動が起きました。中でもこの駅舎は初代博多駅を移築したものではないか?という説があり話題になりました。直方市は調査の結果、資料に「新築」とあること、初代博多駅舎は吉塚駅に移築したという記録があることなどから、この説を否定しました。現在、旧駅舎の車寄せ部分のみが復元されています。

6月号から「建物の遺影」をシリーズで皆さまにご紹介しています。
写真倶楽部「建物の遺影」 福岡地域会 江﨑 有



福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


報告・案内

写真俱楽部

【題 名】朝倉コスモス
【氏 名】堀 謙二

秋の気配を感じ、久しぶりに朝倉に行ってきました。ギンナンを袋一杯拾ったので、秋の香りを堪能しながら帰りました・・・
挨拶

賛助会員だより

戸建住宅用の窓・エクステリア、マンションやオフィスビルのサッシ・カーテンウォールなどを取り扱っていますYKK AP株式会社です。
「ネコ」のCMでご存知の方も多いのではないでしょうか。どうして「ネコ」、可愛いから?
「ネコ」は居心地の良い場所を好みます。つまり窓辺が快適=YKK APの窓の性能がよい!というメッセージが隠されているのです。
特に最近は断熱性能に優れた樹脂窓が人気で毎年販売が伸びています。
キャナルシティ博多にショールームがございますので戸建住宅を設計される方、検討されている方、ぜひご来場ください。TOTOさん、大建工業さんとコラボレーションショールームですので、水回り、内装建材もご覧になれます。

また、マンションやオフィスビル向けの製品は、弊社九州製造所(熊本県八代市)の敷地内にある「P-STAGE八代」に展示しております。
八代までお越しできない方は、東京のショールームからリモートでご覧になることもできますので弊社担当者にご依頼ください。お問い合わせをお待ちしています。
【福岡地域会 賛助会】
YKK AP株式会社 ビル本社九州支社
担当:高原・岡
TEL:092-436-4522
FAX:092-436-4568
報告・案内

シネマサロン

今回は、ナチスドイツ時代の映画を2本紹介します。

1本目は『ジョジョ・ラビット』(2019年)。第2次世界大戦の時代、主人公のジョジョはヒトラーを空想上の友だちに持つ気弱な10才のドイツ少年。青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうとしていますが、訓練でウサギを殺すことができずに“ジョジョ・ラビット”とあだ名をつけられ馬鹿にされます。そんなある日、母親が屋根裏部屋にこっそりユダヤ人の少女をかくまっていることを発見して、ジョジョのナショナリズムに対する思いが変化していきます。
母親を演じるスカーレット・ヨハンソン、最近はスーパーヒーローのような役ばかりが続いていましたが、彼女の美しい大人の姿を久しぶりに見ることができました。

2本目は『ヒトラーに盗られたうさぎ』(2019年)。原作は「おちゃの じかんにきた とら」などの絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説です。1933年(昭和8年)のベルリン、9歳の主人公アンナは、ある朝突然「今から一家4人でスイスに逃げるけど、荷物はひとつだけ」と母に言われ、悩んだ末に大好きなウサギのぬいぐるみを家に置いたまま旅立ちます。父親がヒトラーやナチスを批判していたため、次の選挙でナチスが政権を取ると強制収容所送りになるという緊迫した状況でした。ユダヤ人である一家の豊かな生活は一変し、迫害を受け、貧困の中スイス、パリ、ロンドンへと逃避行の旅を続けます。

この2本の映画は、戦時下の話ですが、前を向いて歩む子供の目線で、ユーモアを交えて描かれていている秀作です。

福岡地域会 廣田栄作