(公社)福岡県建築士会情報誌 メッセメールマガジン 令和4年6月7日発行 第192号 通巻第408号

作品名 大楠アリーナ2020(九州産業大学)
設計者 株式会社梓設計 永廣正邦
勤務先 株式会社竹中工務店
施工者 弓削裕治
第33回 福岡県美しいまちづくり建築賞
優秀賞(知事表彰)【一般建築の部】
福岡県HPから作品集がご覧いただけます!
第33回福岡県美しいまちづくり建築賞作品集
6
挨拶

三期目の会長就任にあたって

先日の総会(6月3日)で会長に就任させていただくことになりました。
振り返ってみますと二期目の就任挨拶で、「年明けからコロナが猛威をふるい世界中が成り行きを注視している」と書いています。それ以来、患者数の増加で緊急事態宣言、下火になると解除されるが二、三ヶ月で増え始めてまた第何波襲来という繰り返し、「コロナ禍」の2年間でした。GDPもマイナスに、など様々な指標が停滞あるいは下降気味の社会、いや世界でした。士会の活動も例外ではなく多くの公益活動は中止、見学会や講習会も延期や中止にという状況でした。

まだその余波は続いていますが、今年の春くらいから徐々に様々な動きが見られ始めたように感じます。
しかしコロナ禍はマイナス面だけではなかったと思います。例えば、「リモートワーク」「リモート会議」などIT技術を活用した新しい、いやこれまでもあったのですが身近に使いこなすことが普及したのはプラス面でしょう。昨年福岡で開催された「第30回全国女性建築士連絡協議会」はアクロスを会場にしましたが、そこに参集したのは県内の会員数十人で全国の多くの会員はリモート参加という形で400人を超える参加人数に登りました。このように「禍」を「福」に捉えられるような工夫が今後の活動に繋がると思います。
 減少傾向にある会員の増強は?とか、建築士の社会的認知度をもっと上げなければ、などまだまだ超えなければならない峠は多いと思います。「会議もままならず、ましてや懇親会なんて」という状況が続き、私が会長二期目で味わった閉塞感、これは会員の皆様も感じられた二年間ではなかったかと思います。しかしながら古より「陽気を孕み春の胎動を助く」と言われる寅年です。三期目の会長に就任させていただくにあたり、「元気な士会」をスローガンに会員の皆様と共に、対面ありリモートありのさまざまな活動を重ねて、社会に信頼される士会を目指してまいりたいと思います。
会長 鮎川 透
お知らせ

令和4・5年度 役員名簿

令和4年度定時総会後の臨時理事会で新理事の役員選考が決まりましたのでお知らせいたします。
報告

令和4年度定時総会

令和4年6月3日(金)福岡市中央区のKKRホテル博多にて令和4年度定時総会が開催されました。
総会開催前に6月25日(土)に「建築士の集い長崎大会」において地域実践活動報告福岡県代表者として発表された中野秀孝氏(福岡地域会)による『春日ベース・ハウスの会』を発表して頂きました。
大嶌副会長の開会宣言、鮎川会長の挨拶では、“今年度が創立70周年であること、「建築士の日」を広く県民に周知すること、三分一氏記念事業講演会を開催すること”また、“令和4年は元気な士会”のスローガンを掲げられました。議長には久留米・浮羽地域会梅原会員が選出され、議事録署名人を指名後、議事に入りました。 (総会出席者73名、委任状598名、議決権行使254名 合計 925名)

報告事項1 令和3年度事業報告の件
第1号議案 令和3年度収支決算の件(賃貸借対照表及び損益計算書(正味財産増減計算書)、監事報告等)
第2号議案 名誉会員の件、第3号議案 役員改選の件の決議議案はすべて承認されました。
休会後、再任の鮎川会長挨拶、上村常務より鮎川会長による令和4・5年度新役員新役員紹介が発表されその後、令和4年度事業計画書及び収支予算書の件、委員会編成の件について報告があり、会員表彰を行いました。今年度も残念ながら、懇親会を中止とさせていただきましたが、3年ぶりに総会開催を皆さまにお声がけすることができました。

総会後の創立70周年記念事業・「建築士の日」記念事業講演会 三分一博志氏の講演会につきましては、メッセ7月号でご報告させていただきます。
(講演会出席者 正会員104名、会員外 48名 合計 152名)

報告会

鮎川会長挨拶

定時総会

会員表彰

総務・財務委員長 髙村龍実
案内

第64回建築士会全国大会「あきた大会」『建築』で挑戦!
郷土のこれから ~け、け、けの秋田で まじかだれ~

福岡県士会では、全国大会参加希望者を募ります!
大会詳細内容は建築士5月号掲載の「あきた大会」の案内、連合会ホームページをご覧いただき、大会エクスカーションをご希望の方は各自お申込みください。
また、本会ツアーにつきましては、下記日程を予定しておりますが、詳細につきましては、参加希望の方に改めてご案内いたします。
■参加される正会員の皆様の大会登録費(6,000円)は県士会が負担いたします。

ツアー料金は、飛行機往復、宿泊代を含め80,000円前後を予定しております。
(※ただし、2泊目大交流会参加費(7,000円)は含んでおりません。)
ホテル宿泊はビジネスホテルですので、1室1名(朝食付き)が基本となります。
 秋田パークホテルHP→ http://www.akita-parkhotel.co.jp/koutsu.htm
☆こちらは、福岡県士会版のあきた大会ツアーです。ほかにご希望の行事、コース、ホテル宿泊等
 ご検討されている方は、直接参加希望申込書を福岡士会事務局に7月15日(金)までご提出ください。
☆福岡版ツアーに申込書は こちら から

報告

5/10定時理事会

5月10日(火)に5月定時理事会が開催されましたので概要を報告します。

○日 時 : 令和4年5月10日 火曜日 15:00~17:00
○場 所 : 八重洲博多ビル11階
○出席者 : 理事17名、監事2名、顧問 2名、相談役0名、事務局1名
○議 題
(1)審議事項
1号議案 入会者の承認と退会者の報告について 
     ・4月末日現在/正会員数 1,954名、準会員202名
     ※期首正会員数1,953名(4/1~4/30入会者数14名、退会者数13名 +1名)
2号議案 令和4年度 定時総会開催通知内容と方法について
令和4年度 定時総会について 
開催日時: 令和4年6月3日(金) 
開催場所: KKRホテル博多(福岡市中央区薬院4丁目21-1)
受付/13:30~
報 告 会/14:00~14:20(20分)
    『春日ベース・ハウスの会』 地域実践活動発表者:中野 秀孝氏(福岡地域会)
    ※令和4年度九州ブロック研究集会建築士の集い「長崎大会」福岡県代表
定時総会/14:30~16:00(90分)
創立70周年記念・「建築士の日」記念事業/ 16:15~18:00(90分+15分)
    建築家 三分一 博志氏 講演会 ~地球のディテール~
※懇親会は新型コロナ感染症の状況を鑑み、今年度も中止とする。
3号議案 名誉会員及び会員表彰について
・名誉会員候補者につきましては、6月定時総会での承認  計 21名 ・会員表彰は 計11名
4号議案 令和3年度事業報告(案)について
5号議案 令和3年度収支決算(案)について
・貸借対照表、正味財産増減計算書、正味財産増減計算書内訳表、附属明細書、財産目録、監査報告
6号議案 令和4年度 定時総会議案書(案)について 
7号議案 令和2・3年度 会員喪失者について ・2年会費未納者→会員資格喪失者 5名
8号議案 令和4年度 公益目的事業予算額(案)について
・今年度も地域会・委員会から予算要望書を提出(8地域会、3委員会)いただき「公益目的事業の予算検討に際しての確認事項まとめ」を参考に、企画会議で内容確認。
またここ2年間コロナ禍の中、地域会・委員会等公益目的事業活動ができなかったため、令和4年度はより充実した活動をしていただきたい。
地域会 1,404,600円、委員会 2,058,200円   計 3,462,800円
9号議案 委員会細則の見直し(案)について(青年・女性委員会)
10号議案 (公社)福岡県建築士会 二級建築士及び木造建築士免許登録実務経験審査委員会設置要領の見直しについて(案)
(2)報告事項
1)4/21監事監査(決算監査)報告について    
2)令和3年度 会員権利停止者について 16名   
3)令和3年度 公益目的事業執行状況について 3月末約50%
4)6/25九州ブロック研究集会「建築士の集い」長崎大会について    
5)福岡県気候風土適応住宅運用基準について   
6)中大規模木造建築物技術者講座について
7)令和2年7月豪雨災害に係る被災家屋復旧に関する建築士派遣の協定書について
8)公益法人のガバナンスにおける留意事項について 
9)代表理事・業務執行理事の職務の執行の状況報告について
(3)その他 
1)今後のスケジュール 
2)事務局職員について

次回開催/11月定時理事会
日 時:令和4年11月2日(水)15:00~17:00
会 場:ARKビル2階会議室
 
※審議事項は、すべて出席理事全員異議なく承認可決された。また、令和4年度定時総会についての詳細は総会案内で皆さまにお知らせする。
専務理事 有澤廣己
挨拶

「建築と法律」(78)

 民事裁判における手続は,当事者双方が出頭し,議論を戦わせていると思われがちですが,実はそうではありません。口頭では相手に伝わりにくいため,あらかじめ準備書面を提出し,不明瞭な点を正したり,確認しあうことがほとんどです。また,双方に代理人弁護士がいる場合は,片方が遠方の場合電話での参加ができますし,コロナ後は遠方でなくても双方電話での参加をすることもあります。ドラマとはかなり違いますね。

【会員のための無料法律相談のご案内】
 6月13日(月)に福岡市内で無料相談をします(コロナなどの状況により中止もあります。)。電話での法律相談は随時実施いたします。いずれもご希望の方は電話にてご予約ください。秘密は厳守いたします。電話0985-65-8800(あさひ法律事務所・宮崎市旭1-7-15MRKビル2F)
(公社)福岡県建築士会 福岡地域会 会員・弁護士(宮崎県弁護士会) 矢野間 浩司
案内

令和4年度第31回全国女性建築士連絡協議会のご案内

去年9月に開催された全建女@福岡大会から早8か月が経ちました。
今年の全建女は隔年で行われる東京開催です。
去年の1日に凝縮した大会から、いままでの2日間開催(7月17日PM:基調講演等と交流会、7月18日AM:分科会)になり、そして分科会も1テーマ2時間の通常運転に戻りました。
交流会も対面で行われます。(感染状況によっては変更の可能性はあります。)
昨年、実際にはお会いできなかった全国の方々にお会いできるチャンスです。
移動の制限も緩和されたこの機に、一緒に東京に行きませんか?
また、去年の福岡大会で、皆で試行錯誤して切り開いたオンライン開催の道が、引き継がれています。
東京には行けないけど、、という方もオンラインで参加が可能です。
ぜひ、お申込みください。詳しくは添付資料をご覧ください。

詳細、申込書はこちらからご覧ください!
プログラム
分科会概要一覧
全体会場案内図
参加申込書(Excel)

申込期限:令和4年6月8日(金)
※オンラインでの参加をご希望の方に限って、締め切りを6月20日(月)まで延長します。
※添付の資料4(エクセルの申込表)に記載し、福岡県建築士会事務局までお申込みください。
※男性、女性、会員、非会員、学生どなたでもお申込みいただけます。

◆参加費用等

青年女性委員会 副委員長 近藤富美
案内

令和4年度 地域貢献活動(学生)事業助成
~福岡・まちづくり支援センター~

 公益社団法人 福岡県建築士会・福岡まちづくり活動支援センターでは、昨年度に学生2団体に対して地域貢献活動事業助成を行いました。本助成が、各団体のまちづくり活動に大きく貢献できたことと思っております。
 将来、建築系の学生さんが建築士として社会で活躍し、地域のまちづくりにおいても建築士としての職能を発揮され、地域活動が業務の拡大に繋がっていくことを期待するものです。
 本助成金は、まちづくりや地域貢献活動を行う建築士と住民等で組織された活動団体及び学生の活動団体への支援を行うものです。
 今年度も、学生団体のみの支援となります。多くの学生団体の応募をお待ちしております。募集等の要領は下記のとおりですが、詳細については事務局までご連絡下さい。

☆内容詳細については こちら をご覧ください!
★助成申請書等につきましては、事務局までご連絡ください。
            
○募集期間  :令和4年6月1日~6月30日
○助成限度額 :学生団体 10万円(原則3件)
○助成期間  :継続事業は、同一テーマ及び同一対象地域の場合は、3年間とする。
○支援対象活動:A.地域のまちづくり活動及び調査研究
        B.歴史的遺産の再生と活用及び調査研究
        C.景観保全の活動及び調査研究
        D.住環境の保全・改善の活動及び調査研究
        E.自然環境の保全・改善の活動及び調査研究
        F.福祉環境の整備活動及び調査研究
        G.防災まちづくりの活動及び調査研究
        H.その他活動センターが認めた活動及び調査研究

なお、上記の活動、調査研究は、対象地域及び関係団体等との連携、交流を通じ、実施されるものとし、デスクワークのみの計画・調査研究は対象外とします。

○助成金額の決定・通知:令和4年7月末の予定
○応募先:公益社団法人 福岡県建築士会
福岡・まちづくり支援センター事務局
TEL 092-441-1867/FAX 092-481-2355
E-mail shikaifu1@arion.ocn.ne.jp
HP http://www.f-shikai.org/


まちづくり委員会 副委員長 
(まちなか・地域貢献部会長)山田 龍雄
報告

令和3年度地域貢献活動助成~学生団体2団体の取組み~

 福岡・まちづくり活動支援センターによる地域貢献活動助成事業(平成14年度開始)は、平成26年度より、その応募対象者を建築士会員から将来の建築士会会員予備軍である建築系の学生団体のみとしました。
 昨年度は、下記の2件の学生団体に助成し、本年度に入り報告を受けましたので、その活動目的及び内容を簡単に報告させていただきます。各団体とも学生さんの創意工夫が感じられ、今後の継続した活動を期待します。

※活動報告書を添付していますので、それぞれの活動団体名をクリックご覧ください!
九州産業大学 居住環境デザインゼミナール
西日本工業大学 水野研究室

まちづくり委員会副委員長
まちなか・地域貢献部会長 山田龍男
お知らせ

(公社)福岡県建築士会
ヘリテージマネージャー・ヘリテージサポーター
第6期養成講習会開催のお知らせ

(公社)福岡県建築士会まちづくり委員会では地域の歴史的遺産である歴史的建造物の価値を適切に評価し、保全活用し、地域のまちづくりに寄与できる人材を育成するためにヘリテージマネージャー(地域歴史文化遺産保全活用推進員)の養成講習会を平成25年より5期行って参りました。多くの方々に受講していただき、100名を超える方々がヘリテージマネージャーとして地域で活動されています。また、地域会の中ではヘリテージマネージャーが中心となって歴史的建造物の調査を行い、保存に向けた取り組みを行っているところもあります。このようにヘリテージマネージャーの社会的役割が求められています。
今年度第6期の講習会を8月6日(土)に開講いたします。受講募集(定員30名)を6月下旬に予定しています。この講習会は建築士を対象としていましたが、今年度より建築士以外の文化財行政や一般の方々も受講いただけます。是非、下記日程表をご覧の上、この期に受講されますようご案内致します。また、詳しい実施要項や受講申込については改めてご案内いたします。

まちづくり委員会 委員長 中島孝行
案内

中大規模木造建築物技術者講座を開催します!

県産木材を積極的に利用した木造ビルの実現に向け、中大規模木造建築物を建築する際に必要となる知識を有し、施主に対して木造建築を提案できる建築士を養成することを目的とし、必要なカリキ ュラムを盛り込んだ講座を8月から12月にかけて、月1回午後から半日の講座で1コマ90分を2講座開催予定です。
また、10コマ受講修了者については、受講修了者一覧を作成し当会HPに掲載を予定しています。
詳細につきましては、改めてお知らせいたしますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!

・CPD認定講座
・会場 天神チクモクビル大ホール
 福岡市中央区天神3丁目10-27  TEL:092-715-3250/FAX:092-738-0323
・定員50名、受講料は無料

〔問合せ先〕
 (公社)福岡県建築士会事務局
  TEL:092-441-1867・FAX:092-481-2355
まちづくり委員会
木のまちづくり部会長 照井善明
挨拶

70周年を迎えて~10年間を振り返って~

福岡県建築士会は昭和27年(1952年)に設立されて本年70年を迎えるとのことである。昭和25年建築士法、建築基準法が同時期に制定されている。戦後の国土復興を目指す建築の法体系としての建築基準法、建築生産を支える建築技術者の育成、資格制度としての建築士法の発足であったであろう。爾来、各県単位建築士会と建築士会連合会は建築士の団体として市民、県民、国民に奉仕すべくこれまで多くの先輩諸氏が建築士のあり方を求めて結集、社会奉仕、研鑽に努めて来たといえるであろう。

私は中でも平成24年(2012年)、25年に会長を仰せつかったが、ちょうど公益社団問題が課題になった時期で、福岡県建築士会は平成25年度より公益社団法人に移行した。
公益社団法人か一般社団法人かの選択は団体の性格、事業内容、組織体制等多くの課題を抱えた問題であり約5年前から議論が重ねられてきた課題であった。
私は建築物の財産性や集まったときの街並みの形成、景観の社会的共有性からそれに関わる建築士団体は社会に奉仕する公益団体を目指すべきではとの信念で公益社団法人化を推進した。会長1年目には県内各ブロックとの懇談会の開催、主旨説明や意見交換を重ねたが、
反対意見もあるなかなんとか公益社団法人化に漕ぎ着けたのだった。拙速な点があったのではないかと今振り返って忸怩たる思いもあるがどうかご容赦願いたいとの思いである。

今後の建築の発展、建築士会の発展を切に願うものであるが、戦後75年を経過する中で戦後復興も終わり高度成長時代も過ぎ、人口減少社会を間近に控えて、地球環境問題を抱えながら地域主体のまちづくりが課題となる現在、建築の基本的なあり方が問われつつある。

現在私は建築基本法制定準備会に1昨年前から参加しており、建築基準法だけではなくその上位の建築基本法の必要性の議論に参加している。
歴史を尊重しながらの建築のさらなる発展を願っている。
                                           
顧問 加藤武弘

公益法人になって
1回目の総会

集いでの坂氏講演

パネルディスカッション

公益社団法人福岡県建築士会は、昭和25年建築士法が建築基準法と同時に成立し、昭和27年県内各地にすでに設立されていた地域の建築士会が統合され、福岡県建築士連合会が発足しました、その後、昭和32年民法の規定により社団法人福岡県建築士会、公益法人制度改革関連三法の規定により、平成25年4月1日から公益社団法人福岡県建築士会となり本年4月1日で創立70周年を迎えました。これも偏に先輩会員のご努力のたまものと思います。
さて、私が会長に就任していた時(H26~H29年)の本会の主な行事、出来事を振り返りたいと思います。まず、(1)平成26年6月に建築士法が一部改正され平成27年6月25日より施行となったことです。この改正は、(公社)日本建築士会連合会、(一社)日本建築士事務所協会連合会及び(公社)日本建築家協会の三会による「建築物の設計・工事管理の業の適正化及び建築主等への情報開示の充実に関する共同提案」により改正がなされました。法改正に三会共同して国に働きかけたのは始めてのケースです。(2)災害被災地への支援活動です。平成28年4月に発生した熊本地震で最高震度7の揺れが生じ多くの被害が出ました。福岡県より応急危険度判定士の派遣依頼の要請があり、(公社)福岡県建築士会、(一社)福岡県建築士事務所協会、(公社)建築家協会九州支部、(一社)日本建築構造技術者協会九州支部の4団体が連携し、4月23日より5月5日の13日間に延べ280人を派遣しました。本会の会員は222人で約80パーセントでした。また、(公社)日本建築士会連合会九州ブロックによる「被災歴史的建造物被災調査活動に必要な相互応援に関する協定書」に基づき、九州ブロックのヘリテージマネージャーによる熊本県内歴史的建造物被害状況一次調査を本会が主管県となり、5月20日から23日にかけておこない本会からは延べ14人が参加。(公社)熊本県建築士会より被災住宅の補修のための相談制度「住宅補修専用・住まいるダイヤル」への派遣要請があり、現場相談にも派遣しました。また、平成29年7月に発生した九州北部豪雨の被災地朝倉への支援活動の派遣を行い、後ほど述べます建築士の集い福岡大会で「災害を乗り越え未来へ」と題した建築家坂 茂氏の講演会で展示に使用した紙管間仕切りを避難所に設置しました。(3)(公社)建築士会連合会主催の第18回日・韓・中建築士協議会福岡会議が平成27年11月30日から12月3日まで開催され、12月1日には「町の再生と創生」をテーマで本会のまちづくり委員会の中島委員長のコーディネートで、さらに九州大学の志賀先生の協力のもと、総数50名を超える参加者による八女市福島伝統建造物群保存地区での「人材交流プログラム 体験ワークショップ」が開催され、日本・韓国・中国・国内学生、留学生の4つのグループに分かれ伝建建物のまち歩きをした後、プレゼテーション作成し、各グループごとに発表後、各国の代表者によるパネルディスカッションで意見交換をしました。(4)平成29年度建築士の集い福岡大会「建築士の集いin久留米」が平成29年6月24日久留米シティプラザで開催され、参加総数600名を超える盛大な大会となりました。大会のテーマは「伝統の継承と未来~これからのまちづくりの必要なもの~」とし、四つ分科会で構成されました。第一分科会では「地域実践活動から学ぶ」~テーブルディスカッション~第2分科会は、昨年の熊本地震を受け「災害を乗り越え未来へ」と題し、建築家坂 茂氏の講演会とパネルディスカッションを開催しました。第3分科会では筑後川流域の伝統技術の展示とワークショップ、第4分科会は「八女福島地区・伝統の継承と活用事例」の現地見学会でした。今まで述べましたことが主な行事、出来事ですが、これらのことを滞りなく成し遂げられたのも偏に会員の皆様方のご支援、ご協力あってのことだと感謝申し上げます。結びになりますが(公社)福岡県建築士会の今後ますますの発展と会員皆様方のご健勝、ご活躍を祈念申し上げます。
顧問 石本 元彦
案内

令和4年建築士試験について

令和4年の建築士試験は、下記の日程で実施予定です。

○受験の注意
受験票は、マイページ※からダウンロードしたものを必ず印刷したうえで試験場に持参してください。
(スマートフォンの画面上の受験票では受験できません。ご注意ください。)
試験場は、マイページからダウンロードする受験票に明記してお知らせします。
受験の詳細は、(公財)建築技術教育普及センターHPでご確認ください。
https://www.jaeic.or.jp/

※インターネットでの受験申込手続き完了後から利用できる受験者専用のページ
https://www.jaeic-shiken.jp/MypLogin.cgi

問合せ先
公益財団法人 建築技術教育普及センター 試験専用ダイヤル
(一級)050-3033-3821、(二級・木造)050-3033-3822
建築士試験・登録委員長 碇 好生
お知らせ

7月9日 第6回「学生と建築を語る会」

北九州地域会ではコロナ禍で中止となっていた「学生と建築を語る会」を本年度「第6回」として開催いたします。
 この会では、建築士会会員が仕事の内容や業界について話し、また様々な質問に答えることで建築を学ぶ学生の皆さんに建築の実務や、求められる技能などを知っていただき、 それを通じて学生と建築士の交流をはかることを目的としています。ご興味のある方は是非ご参加ください。
・日時: 令和4年7月9日(土)
・受付 12:15 (士会会員)
・受付 12:30 (一般の方)
・開始 13:30~
・終了 16:00
・解散 17:00
・会場 ウェルとばた(2階 多目的ホール)
 北九州市戸畑区汐井町1番6号 TEL 093ー871ー7200

※会場には無料駐車場はありませんので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。
※コロナウィルス感染防止対策として、「イベント開催等における必要な感染防止策(福岡県)」
 に準じた対策を実施します。参加者の方はマスクの着用をお願い致します。
※コロナウィルス感染状況により、開催内容の変更等ある場合があります。あらかじめご了承願います。

・参加費 : 無料(交通費支給あり:定額)
・申し込み期限:令和4年6月20日(月)
・募集案内チラシは こちら です

開催場所 地図

・参加申込先・問い合わせ先
・北九州地域会担当:㈱BM設計 佐々木 雄一
 TEL:093ー614ー3211
 FAX:093ー614ー3212
 E-mail:bmssk@mocha.ocn.ne.jp
・申し込み方法
 ファックス又はEメールには、「学生と建築を語る会」と記載し、(1)参加者 氏名、(2)フリガナ、
 (3)性別、(4)年齢、(5)住所、(6)連絡先(電話番号)、(7)CPD番号(必要な方のみ)を明記して
 ください。

北九州ブロック 岡松 孝則
報告

豊前地域会 授賞式に参加

豊前ロータリークラブ(RC、恒成達也会長)で、地域の奉仕活動に取り組む個人、団体を表彰する授賞式が19日、豊前市三毛門の総合ホールでありました。
職業奉仕部門の団体で、光栄にも当地域会が選ばれ(豊前地域会 会員25名)、同部門の個人で、当地域会恵良直美会員が選ばれました。豊前地域会を代表して授賞式に出席いたしました。
当地域会活動の“中津街道沿いの古い建物の調査など景観を生かしたまちづくり”が選出の理由でしたが、ここ2~3年はコロナ禍の中、活発に活動できませんでしたが、引き続き地域に貢献できる活動をしていきたいと思います。
豊前地域会代表 田中孝秀
案内

福岡地域会 賛助会 令和4年度(書面)総会開催のご案内

平素より福岡県建築士会 福岡地域会賛助会活動にご協力いただきまして誠にありがとうございます。
さて、(公社)福岡県建築士会建築士会福岡地域会賛助会の令和4年度総会について、賛助会幹事会にて慎重に協議した結果、昨年と同様に『書面議決』にて開催することといたしました。
総会を開催するにあたり、『懇親会』を同時に行うことも目的の一つとしておりますが、まだまだ企業様によっては大人数の会食への参加に制限がおありのところも多くあるようで、大変残念ではございますが、今回も懇親会は見送りとさせていただきました。
つきましては、総会開催につきまして下記のとおりご案内申し上げます。
ご確認の程宜しくお願いいたします。

            記

《福岡地域会 賛助会 令和4年度総会(書面議決)》

【開 催 日】令和4年6月30日(木)
【議決方法】総会議案書を郵送にて送付して締切日までに書面表決書の提出を以て議決を行う

なお、議案の可決については、賛助会会則の第4条(会議)3.総会は会員の2分の1以上の出席(委任状を含む)をもって成立する。に基づき、ご提出いただいた書面表決書の承認が過半数を超えた場合に可決とさせていただきます。

【事務局より】
総会議案書は開催日(6/30)に到着するよう郵送にてお送りいたしますので、受領されましたら建築士会事務局まで、ご確認・ご回答の程、宜しくお願いいたします。
福岡地域会 賛助会 会長 佐々木 直人
挨拶

面白計算 (6)

    ×算÷算いい加減⑥

 左辺に×÷+ーを使って9にしましょう。

 5 3 2 8 4=9

(TV.2021/11/17、 クイズ東大王より) (答は次回に)
[ 前回の答= (1÷9+1)×9=10 又は (1/9+1)×9=10、(-1+91)÷9=10 ]
福岡地域会 柘植 成光

貴方の趣味の事や面白い話、経験談や失敗談など何でもお寄せ下さい。

[用 紙 等]
 400字程度。ハガキ、FAX、メール等でご応募ください。
[応募規定]
 氏名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
[宛  先]
 福岡県建築士会事務局
 E-mail : shikaifu@crocus.ocn.ne.jp
 FAX : 092-481-2355
お知らせ

事務局だより

「監理技術者講習」久留米会場開催(有料)のお知らせ

(公社)福岡県建築士会 より、 「監理技術者講習」久留米会場開催(有料)のご案内をいたします。建設工事に配置される監理技術者には、直近5年以内に監理技術者講習を受講していることが建設業法で義務付けられています。
本会の講習は講義内容を建築工事主体で行います。受講は監理技術者の方々や、これから監理技術者になる予定の方のほか、施工分野に就く方、設計分野の方などが施工の知識を得る学習目的でも受講が可能です。
【講 習 日】 令和4年8月6日(土) ※DVD講習
【時  間】  9:30~17:30 [受付 9:15開始]
【会  場】 久留米建設業協同組合 会議室 (福岡県久留米市櫛原114)
【定  員】 12名

【申込方法】 WEB申込は、日本建築士会連合会HPへ
       郵送・窓口申込(092-441-1867)へお問い合わせください)
【CPD単位】 6単位認定

【監理技術者資格者証】
合格された方で監理技術者資格者証を申請行う場合は一般財団法人建設業技術者センターへ申請願います。 
(一財)建設業技術技術者センターHP

~・~ 建築士会が行う「監理技術者講習」の特色 ~・~
① 本会では「建築工事に特化した講義内容」と現役ゼネコン第一人者、学識経験者の執筆による 実務に役立つテキストを使用します。したがって特に、一級建築士、1級建築施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士等の 「建築工事の分野で活躍されている監理技術者」にとりましては充実した講習となります。
② 公共工事入札等での加点*となる建築士会CPD単位が取得できます!
③ さらにWEBでも建築士会CPD単位が最大で18単位追加取得できます!本会の講習修了者は上記のCPD6単位の他、受講者専用マイページにログインし、WEB上でCPD 問題に解答・正答することでさらに建築士会CPD単位が年間で18単位取得できます。
※建築士会のCPD制度への参加が必要です。

【問合せ先】
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東3-14-18 6階
公益社団法人 福岡県建築士会 事務局 ℡:092-441-1867
事務局
案内

連合会だより

「日本建築士会連合会 HP」トップページの下段に「連合会からのお知らせ」「新着情報」が掲載されていますのでご覧ください!(2022/5/31現在)

事務局
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

福岡県建築士会写真倶楽部

【題 名】ネモフィラ
【氏 名】堀 謙二
「 海の中道フラワーピクニック2022」の最終日に行ってきました。
 見頃は過ぎて、かなりまばらな感じでしたが、最終日なので無料で入場する事が出来ました。
 期間限定のネモフィラソフトクリームも美味しかったです。
福岡県建築士会写真倶楽部を立ち上げました。写真好きな方、部員になりませんか。建築物は勿論、季節の花、風景等など自信作を送ってください。応募をお待ちしております。ただし、未発表作に限ります。
不定期となりますが、応募作品を選考後、発表させていただきたいと思いますので宜しくお願いします。
被写体の肖像権、著作権には、十分注意をはらっていただきますようお願いします。

[応募方法] メール、携帯からの送信、持込等
  [応募規定] 氏名 / 題名 / 住所又は勤務先 / 連絡電話番号
           応募数/応募月につき一人1作品
           コメント/100字程度(撮影した写真に対する気持ちや状況など)
  [宛   先] 福岡県建築士会事務局  shikaifu@crocus.ocn.ne.jp

大牟田地域会 入家 雅彦


挨拶

シリーズ「建物の遺影」

建物の遺影・出雲大社庁の舎(2013年撮影)
1963年、菊竹清訓氏の設計です。プレストレスト製の長大梁、プレキャスト製の壁面など当時の先端技術を用いながら伝統美を感じさせるデザインでした。
残念なことに竣工当初から雨漏れが直らず、ついに解体されました。菊竹氏の名建築であってもこうなのですから建物を残すことの難しさを感じます。
さて、シリーズ・建物の遺影も一年が過ぎました。一度ここで中締めとさせていただきます。私の好きな建築が「遺影」とならず、いつまでも残ることを祈りながら暫しのお別れです。

写真倶楽部「建物の遺影」 福岡地域会 江﨑 有

報告・案内

エッセイ

  ・入院を境に・(続) 

 退院後、ガラリと変わった事

 ③三味線教室を辞めた
 退院したといっても、躰は10㎏以上も痩せて体力は落ち、歩くのもままならない状態なので、開設以来18年の三味線教室を閉鎖して長唄も辞めた。必然的に演奏会も出来なくなり、令和元年の第15回記念演奏会(アクロス円形ホール)が最後になってしまい、一応の区切りにはなった。
❗杖ついて 地面(じべた) ばかりを 見て歩き

 全部辞めたらボケるのではないかと思い、小唄は残した。それには、師匠の体調が悪く、外部の演奏会には出ないので私が辞めると三味線の弾き手が居なくなって社中として演奏会に出られなくなるからと私に励ましと活動継続の要望が強かった経緯もあった。
❗三味線を 弾いて楽しく ボケ防止

 ④愛車ブルーバードを手放した
 あと2年は乗ろうと思っていたブルーバード、退職時に新車を退職金で買って29年間、走行距離はまだ数万㎞しかなく、2021年が車検の期限で免許更新も同年だし、年齢も89歳になるので、ここで最後にしようと思っていた。所が体調が思うように回復せず、退院後乗らないまま1年近く経ってしまい、運転を辞めるチャンスなのだろうと思った。
 近年、高齢者の運転事故が多発しているようだし、大きな人身事故を起こさずに丁度決断の時期だったのかもしれない。しかし日常的にはとても不自由になった。
❗加害者に ならずに済んだ 車消え
(続く)
福岡地域会 柘植 成光